おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ミツバアケビの花

<<   作成日時 : 2008/04/30 00:07   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 淡緑色のすっきりとした3枚の小葉の間から、たくさんの花を咲かせたミツバアケビが風に揺れ、山野の春が感じられる。 アケビといえば、ほんのり甘い秋の味覚を思い出す人が多いであろうが、春には 「コノメ」 といって、若い芽をお浸しにして食べる人もいるようだ。

 今まで、子供の頃から上品な甘みがするアケビの果実は良く知っていたが、花をじっくりと見たのはこれが初めてだ。 何とも変わった色と形をしている。

ア ケ ビ の 雌 花
画像

 私の不勉強によるものだが、花を意識してからしばらくの間は、この黒赤色の花がアケビの花で、房状の花は蕾だと思っていた。 ところが数日待っても開花する気配がない。 調べてみるとアケビは、雄花と雌花があり、同じ房に付いているという。 今まで蕾だと思い開花を待っていた花は、「雄花」 なのだ。 そして、蕊が一種類しかなくておかしいなぁと思っていた上の花は 「雌花」 だったのだ。 (^_^;)  知らなかったとはいえ、何とも滑稽極まりない、恥ずかしい話だ。
 ところで、この雌花について宇都宮貞子さんの著書「草木の話(秋・冬)」には、信州では子どもたちがアケビの雌花の蕊を手にのせて、「ジジババ寝てろ、嫁起きてまんま炊け」とはやしながら雌しべの立ち上がり方を競って手を叩いて遊んだと書かれているそうだが、信州に育ったはずの私には全く記憶がない。 この遊びをしていたら、アケビの花についてもっと早くから知ることができたであろうに…。
    
ア ケ ビ の 花
画像

 改めて花を確かめると、暗紫色の傘を広げたようなのが雌花で、フジの花のように垂れ下がっているのが雄花だ。

 昔は、時期になると鳥と競ってアケビ採りに出かけ、その甘さを満喫したものだが、そんな気持ちでずっとこのアケビを見ていて、花には全く関心を寄せていなかった。 今回はこのアケビの花を通して自分の不勉強さを改めて実感した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんにちわ。
ご無沙汰致しました。連休は如何ですか 大勢な観光客で賑っているでしょうね。
何時まで続く『花曇』『黄砂 花粉』 冨士山は中々御姿見えずです

アケビの花は山登りの頃見ておりましたが 『花より団子』の私気にしておりませんでした。
丁寧な解説 写真有難う御座います

2008/04/30 09:36
アケビの実はみたことがありましたが花は初めてです。春に咲く花なのにひっそりとしていますよね。あまり目だ立たない、目だ立たないのには理由があるのかもしれませんね。珍しい花、拝見できました。
yume
2008/04/30 11:03
薊さんの所でも、なかなか富士山が見られない時があるんですね。
半月ほど前、まだ富士山を見たことがない息子を連れて山梨までドライブをしました。
しかし結局は姿を見せてくれず、仕切り直しです。

わたしもアケビの実には強い関心がありましたが、
花にはとんと無頓着でした。(^^;)
wagtail
2008/04/30 18:55
yumeさん、こちらにもお立ち寄りいただき、ありがとうございました。
アケビの花を今回のようにじっくり観察したのは初めてです。
余り花の色合いは目立ちませんが、ほんのり臭いが漂っていました。臭いで虫を引きつけるのでしょうか?
自然界には、興味の沸くことがいっぱいです。
wagtail
2008/04/30 18:59
おはようございます
アケビと聞けば故郷・・・
子供の頃、両親と畑に行き、仕事の合間暇があればアケビを探していましたね。
今は買わねば食べれませんが、一年に一度はあのほのかな甘さを味わっています。
そんな大好きなアケビなのに、雄花、雌花があるなんて知りませんでした・・・
最近では、アケビの花が咲くお宅が近くにあるのを覚えましたので、今度観察してみようと思います。
一昨年食べたアケビの種を植えてみました・・・
芽がでてツルが伸びてきています!!
いつかは花が見れるでしょうか?

ネネ
2008/05/01 08:07
アケビの花、初めて見ました。
遊び歌まであるなんて、知りませんでした〜!
いろいろ勉強になるな。
ありがとうございました。
いく@しずおか
2008/05/01 08:33
よく食べたあとの果物などの種を蒔いたりしますね。ネネさんは、アケビの種を蒔いてたんですか〜。(^^)/  
自分の手で種から育てただけに、蔓を伸ばすアケビに一層愛着も深まるでしょう。
わたしも子どもの頃には、目ざとくアケビの実を見付けて、あのほのかに甘い味を楽しんだものです。食べることばかりに頭がいっていて、雄花と雌花のことはこの時期になってようやく知りました。
wagtail
2008/05/01 20:43
いく@しずおかさんも、この花は初めてですか。わたしは、以前に山帽子さんに紹介していただいてから気を付けて見るようになり、新たな知見を得ることができました。
雌しべがおもしろい形をしていますよね。
でも、こんな地味な色をしていて、虫をおびき寄せることができるんでしょうかねぇ。
wagtail
2008/05/01 20:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ミツバアケビの花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる