おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS オオヨシキリの天下

<<   作成日時 : 2008/05/31 18:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 勤務先が山の近くにあるため、最近の散策はもっぱら、雑木林やその周辺当たりが多くなっている。 以前の勤務先は千曲川の近くであったので、出勤前に千曲川によく立ち寄ったものだ。 先週の休日、本当に久しぶりに千曲川へ出掛け、中洲を歩いてみた。

ニ セ ア カ シ ア
画像

 丁度ニセアカシアの開花時期であり、白い花が房状に咲き、ミツバチなどが飛び交っていた。 以前は、中洲一面にこのニセアカシアが見られたが、河川整備のためなのかどうか、場所によっては全て伐採されてしまっていた。 ニセアカシアが伐採されると、ヨシ原が目立つが、そこはオオヨシキリの絶好の住処だ。 行く所行く所、あちらこちらからオオヨシキリの囀りが聞こえてくる。

オ オ ヨ シ キ リ
画像

 ヨシの穂やニセアカシアの枝先に止まって、真っ赤な口を開き、大声で囀っているオオヨシキリの姿がたくさん見られた。 これだけたくさんのしかも大きなオオヨシキリの囀りが聞こえてくると、他の野鳥の小さな鳴き声を聞き分けるのが大変だ。
 今の川原は、オオヨシキリの天下だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
信州ではニセアカシアがよく見られますね。

この間、散歩していたら、こちらでもニセアカシアがありました。

本当によく小鳥さんたちに会えていいですね。
オオヨシキリは、自然百景で見る程度で本物にであったことがありません。

どんな声でさえずっているのでしょうね。
ニセアカシアの枝先で囀るオオヨシキリも絵になりそうですね。
ベニマシコ
2008/05/31 19:31
おはようございます
昨日長野に法事で行ってまいりました。
久しぶりの故郷で兄姉達との話に花が咲きました
お土産は沢山のお焼です!!

こちらもニセアカシアの花が満開です
でも以前実家の兄に、ニセアカシアの木がある所には他の樹木が育たないと聞いたことがあります。
すごい生命力であまり良い印象ではないようです。

オオヨシキリ、こちらではあの囀りから(チョチョズ)と呼ばれているそうです。
そして落ち着きのない子供の事もチョチョズと・・・
以前、菜の花を見に行った時、そこは潟なので芦が沢山あり、彼らの声があちこちから聞こえてきました
でも残念ながら姿はとうとう見れませんでした。
可愛い姿をしているのですね・・・
ネネ
2008/06/01 07:14
ベニマシコさん、おはようございます。
どういう訳か、信州の河原には、必ずと言っていいほどニセアカシアが生えていますね。

オオヨシキリは、「ギョギョッシ、ギョギョッシ」と騒々しく鳴くので、
「行々子」と言われているんですよ。

最近、子育てに忙しいせいか、見られる鳥がスズメやムクドリ、ヒヨドリ…ばかりで、「wagtailの野鳥日記」の写真に困りはじめています。 (^^;)
wagtail
2008/06/02 05:03
ネネさん、懐かしい故郷、長野に来ておられたんですか。
久しぶりに逢った皆さんが、笑顔で話し込んでいる様子が、目に浮かぶようです。

ニセアカシアが切られるのは、この強い生命力のせいかも知れませんね。
なぜか、千曲川の中州には定番のようにニセアカシアが生えてきます。
きっと放置しておいたら、ニセアカシアだらけになる可能性もありそうです。

オオヨシキリは、新潟でもやはり騒々しい鳥だという印象でみられているんですね。
よく響き渡るあの声が、子どもの甲高い声を連想させたのかも知れませんね。
この辺の千曲川は、しばらく足を止めて見ていたら、ほとんど姿が見られるほど数が多い印象を受けます。
wagtail
2008/06/02 05:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
オオヨシキリの天下 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる