おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月見草の七変化

<<   作成日時 : 2008/08/10 06:30   >>

トラックバック 2 / コメント 8

 夏になるとわが家の庭には月見草の花がたくさん咲き出す。 月見草といえばほとんどの方は、黄色い花を付ける、月見草を連想するかも知れない。 でもこれは正確には“大待宵草”だ。
 我が家で咲いている本当の月見草とは、夕方純白で開花し、夜半には薄ピンクからピンク色に変身して、朝にはしぼんでしまう可憐な小花なのだ。

開き始めた月見草
画像


開花したばかりの白い花の月見草


翌 朝 の 花
画像


桃 色 に 変 化 し た 花
画像


し ぼ み 始 め る
画像


花 の 終 わ り
画像


翌々日の様子 ・ 左は蕾
画像


結 実
画像


 以前開花までの様子を細かく取り上げたので、今回は、ピンクに変わってからあとの様子に焦点を当ててみた。
 
 今我が家では、毎日夕方になると白い月見草の花が多数咲いている。 夜庭に出ると、白い花が闇の中にうすぼんやり見えるのは、何とも幻想的だ。 強い植物で、手を入れなくても随分増えてきているが、絶やさないように大事にしていきたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
月見草 と オオマツヨイグサ
 今年も庭にたくさんの月見草が咲いた。 数年前までは、庭のあちこちに咲いていたため粗末になりがちで、いつかとぼってしまうのではないかと心配だった。 そこで、2年ほど掛けて散らばっていた月見草を移植したり、種を蒔いて増やしたりし、3箇所に “ミニ月見草園” としてまとめた。 今は、それが定着し、完全に月見草園としての体をなしてきた。 これで一安心だ。 ...続きを見る
おりふしの記
2012/08/14 13:46
「マツヨイグサ」 と 「月見草」
「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待ち草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」・・・・竹下夢二(宵待ち草の歌)  竹下夢二が詠んだ 「宵待ち草」 の詩に曲が付けられ広く歌われたため、すっかりヨイマチグサの名が定着してしまったが、正式名はマツヨイグサで待宵草と書き、夕方から花を開いて朝になるとしぼんでしまうのでこの名がある。 ...続きを見る
おりふしの記
2013/08/26 22:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして、玄太です!(^^;;
お恥ずかしながら私も黄色い月見草しか知りませんでした。それに自分の家にあるなんて、スゴイ!です。

突然ですが私も最近ブログ始めて見ました
http://jf0lmf.blogspot.com/
リンク先が寂しいので、勝手ですが「おりふしの記」リンクさせていただきました、ご迷惑ならば削除しますので御一報下さい。

暇な時でも見ていただけたら嬉しいです。

玄太
2008/08/11 01:00
玄太さん、こちらにも足を運んでいただき、恐縮です。
拙い当「おりふしの記」にリンクを張っていただき、ありがとうございます。
玄太さんもやはりブログを始めていましたね。
実はこっそり立ち寄っていました。

この月見草、余り世話をしていませんが、どんどん増えてきました。
丈夫な草です。
wagtail
2008/08/11 14:59
本当の名前は待宵草とは思っていましたが
私も黄色い花を月見草と呼んでいました。

この花が月見草なのですか!?
可憐な花という感じですね・・・
それも夜半に桃色に変わるなんて、奥ゆかしさもありですね!!
我が家には酔芙蓉があり、朝に白い花が咲き一日かけてピンクに染まります・・・
高橋治の(風の盆恋歌)の本を読んでどうしてもその花に会いたくて買いました。
今年で三年目、毎年綺麗な花を咲かせてくれます。
色が変わる花・・・神秘的ですよね。
ネネ
2008/08/12 06:01
私もこの花を知人から頂くまでは、ネネさんと同じように、「大待宵草」を「月見草」と呼んでいました。
月見草は開花するのも、まるでスローモーションを見るようにゆっくりと蕾が開いてきて、見飽きることがありません。
育て始めた頃は、色が変わっていく様を、夜半過ぎまでずっと見ていたことを記憶しています。

酔芙蓉は、昼咲きなのでゆっくりと色がピンクに染まっていく様子が、毎年見られるんでしょうね。
色素が関係しているんでしょうか?
どんなメカニズムなのか興味が尽きないところです。
wagatil
2008/08/12 20:38
大待宵草と月見草の違い勉強になりました。
花の命は短くて〜〜のまさにその通りですね。以前私もトケイソウの開花ライブ取り上げてみましたが、本当に神秘的で感動します。
あの硬そうなつぼみがはじけ始めて およそ長くても開花終了まで3〜4時間 前日からみているとつぼみが真〜るくなり始め このつぼみはきっと明日は開花するだろうの見当がつきまして、楽しいです。
今年も次から次へと 開花ショーがくり広げられています。
あの柔らかそうな 花のどこにあのようなパワー・エネルギーがあるのだろうと思うと
重ねて自然ってますます神秘的ですよね。
山帽子
2008/08/13 09:10
時間を追っての山帽子さんのトケイソウの開花ショーレポート覚えていますよ。
今年もやはり開花しているんですね。
毎日トケイソウの様子を見るのが楽しみでしょう。
我が家のトケイソウは、今年の花は希望薄の感じです。
いつも冬越しがうまくいかないんですよね。

自然の動植物には、おもしろい現象がたくさんあり、本当に興味深いです。
だから、自然との触れあいが止められないのです。

wagatil
2008/08/13 21:57
 こんにちわ。
毎日の猛暑 お見舞い申し上げます。
『冨士に月見草よく似合う』
太宰治さん フアンの友人に誘われ御坂に月見草見に行きましたが 黄色の花 後から大待宵草と分りました事思い出しております。
今回写真 説明有難う御座います。

残暑まだまだ続くと思います。
どうぞご自愛下さい。

2008/08/15 11:10
猛暑の夏、本当に暑いです。
薊さんの夏は、いかがでしょうか?
お盆も仕事に出ていますが、エアコンの利いた部屋での仕事、
退勤時まで昼の暑さを感じずにいます。
いくら冷やさないようにしたとしても、体にはよくないんでしょうね。

富士山を背景にした黄色い花の月見草(大待宵草)の群落風景は、素敵でしょうね。
きっと夕暮れ当たりの風景は、最高かも知れませんね。

wagtail
2008/08/15 14:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
月見草の七変化 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる