おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 可憐な稲の花

<<   作成日時 : 2008/08/16 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 最近、昼の散策道の脇にある田んぼの稲が勢い良く成長している。 今年の夏は天気も良く、このところ、夕立などで雨も適度に降っているからだろうか。
 先日、伸びてきた稲穂を見たら 「稲の花」 が咲いていた。 「稲の花」 は日中の限られた時間、しかも1時間位しか咲かないらしく、貴重なものを見た感じだ。

稲 の 花
画像

 雨の日や曇りの日には、花が開くのが大変遅れ、3時過ぎまでぽつぽつ咲くそうだ。 花がよく開くのは、よく晴れた日の午前9時頃から12時頃と言われている。 昼休みに出掛けて撮影したのは、12時半を回っていたので、やはり「えい」は堅く閉じてしまっており、白い雄しべが外に閉め出されていた。
 ネットで調べてみると、稲の「えい」が開き始めてから完全に開き切るまでに約5分。 そして、わずか20分ほども経つと「えい」が閉じ始める。 閉じ始めてから30〜40分ほどで、堅く「えい」を閉じてしまい、もう開くことがないそうだ。

古 代 米 「 黒 米 」 の 花
画像

 しかし、近くに古代米の 「黒米」 を育てている田んぼがあるのでそちらの様子を見に行くと、幸いなことに、まだ「えい」が開いたままの稲の花を見ることができた。 撮影はうまくいかなかったが、よく観察してみると、開いた「えい」の中には透き通ったような雌しべが垣間見られた。

実 っ た 稲 穂
画像

 田植えが済んでからおよそ3ヶ月くらい経っただろうか。 こうして空洞の籾(もみ)殻が開かれ稲の花が顔を出し、受粉を経て籾の中に胚ができる。 さらに、この後45日間かけて、はじめはミルク状のお米も次第に固く熟していく。 やがて重くなると穂がこうべを垂れ、黄金色に色づくと待望の収穫の時を迎えるのだ。
 嬉しいことに今年の米の出来具合は、「豊作」という予想が出されている。

これがこれ一粒万倍いねの花    山根尽生

軽き荷を酔うてかつぐや稲の花   高浜虚子



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ここまで マクロで撮影されていると稲の花も
綺麗なものですね、感動です。
数日まえ今年の稲の作況指数の発表ありましたね、作柄<良>の豊作予想でした、これからの台風などの自然災害ない場合としていますが。
今夏は田舎に帰省できませんでしたが、田舎の
弟宅ではもう コシヒカリの早期米は収穫はお盆前に無事に終ったとのこと、
後日新米が届く予定です、あの もちもちした新米が今から楽しみです。
お盆もすぎてもうそんな季節になりますね。
山帽子
2008/08/16 05:56
山帽子さんがおっしゃる通り、もう一ヶ月もしたら新米が出回りますね。
今から待ち遠しいです。

今まで何となく稲の花を眺めていましたが、こうして写真にしてみると、なかなか素敵です。
花の開閉も神秘的で、興味深いです。
何故えいが開いている時間がこんなにも短いんでしょうね。
自然界には、興味深い現象が目白押しです。
wagtail
2008/08/16 20:18
稲の花って見たことが無いような・・・
田舎に育ちながら目にしたことがないって
感心がなかったということなのでしょうか?
米どころ新潟も、青々とした葉の間から稲穂が顔を出しています。
故郷のお米も美味しいと思っていましたが
やはり新潟のお米はそれ以上に美味しいと思います。
もう新米の季節になるのですね・・・
ネネ
2008/08/20 17:40
wagtailさん とてもよく撮れていて感心いたしました。
特に黒米をこんなに見るのは初めて。
色が凄く素敵ですね。

今年は、お米は豊作のようですね。
暑さで枯れやしないかと心配しましたけれど。

いいもの見せていただきありがとう♪
ベニマシコ
2008/08/20 17:50
ネネさんが稲の花を見たことがないかも知れないというのは、これは意外。
私もそうですが、目にはしているけれど見えていないっていうことは結構ありますよね。
ネネさんがおっしゃる通り、関心があれば見えるんですがね…。
私は、心に余裕がない時は、季節の花を見落としていることがよくあります。

あと一ヶ月もすれば、新米の時期。
そうでした、新潟は米所、お米が美味しいところ。
ホカホカの新米の炊きたてご飯が目に浮かんでしまいました。
うらやましい !!
wagtail
2008/08/20 18:39
ベニマシコさん、こんなクローズアップの稲の花は、なかなか見られないでしょう。
マクロレンズはいいですね。
こうして、私たちが肉眼で見る以上にアップで見られますから。

勤務地近くで何種類かの古代米が栽培されていて、ちょうど黒米が開花中でした。
他の古代米の花は、まだこれからでした。
古代米は、葉っぱも黒紫で、多くから眺めてもすぐに違いが分かります。
古代米は、健康食として人気があるようですよ。
wagtail
2008/08/20 18:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
可憐な稲の花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる