おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ナツヅタの魅力

<<   作成日時 : 2008/08/30 09:38   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 林の小径を歩いていると、時々樹木によじ登って蔓を伸ばすツタを見掛ける。 冬は落葉してしまうので、 「ナツヅタ」 ともよばれる。 ツタは、巻きひげの吸盤を付着させて成長する。 すなわち、次々に伸ばした巻きひげの吸盤を貼り付けて樹木や壁を伝って成長することから、 「つたう(伝う)」 の意味で 「つた」 になったという。

伸 び る ナ ツ ヅ タ
画像

 巻き付くのではないから壁面に広がることができるのだ。 吸盤のついた巻きひげで他のものにからみ、野山だけでなく、街中でも塀に這わせているのを見かけることがある。 以前紅葉した秋のツタの時にも触れたが、甲子園球場の壁面を覆っているツタは、誰もが知る所である。
 でも私は、壁面や岩・幹などに “茂っているツタ” より、まだ成長途上の写真のようなツタがお気に入りだ。 黒みがかった樹木の幹にへばりついてまっすぐ伸びていくナツヅタに 「繊細さ」 と、 「生命力」 、そして 「美しさ」 を感じる。

 今は、葉も花も緑色で実に地味な存在だが、秋にブドウのような黒っぽい実を付け、紅葉する様は実に美しい。 その時期に、このツタが私の目の前にどんな風景を展開してくれるか楽しみである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんわ。
ナツヅタせっせと抜いています。
夢もロマンも無いwagtailさん
見習わなくては 駄目ですね。
ホテイアオイ来年は挑戦してみます。
ご指導お願いいたします。

2008/08/30 22:50
いやぁ、林の中に自生しているツタですから私ももこんな思いでいられます。
これが、我が家の庭にツタが入り込んだとなると薊さんと同じことをしますよ、きっと…。
家や、他の植物を守るために。

ホテイアオイ、他にもいたく気に入った方がありまして、
何名かの方が「来年は、育ててみよう」とおっしゃっているようです。
きっと来年の夏には、私のウェブ友達のお宅の庭にホテイアオイが咲くと思いますよ。
丈夫な植物ですから、ほとんど世話入らずでもきれいな花を咲かせてくれます。
是非挑戦なさってみてください。
wagtail
2008/08/31 09:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ナツヅタの魅力 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる