おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS タンポポの綿毛は風まかせ

<<   作成日時 : 2009/05/10 00:09   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 黄色い絨毯を敷き詰めたように咲いていたタンポポが、茎を倒し種を熟成させ綿毛となった。 そして、再び茎を立ち上げ、種をより遠くへとばすためにさらに茎を伸ばして球状に綿毛を開いた。

タ ン ポ ポ の 綿 毛

 どこでも見かけるタンポポは、 「たくましい植物」 の代名詞のように言われるが、この綿毛を見ると 「たくましさ」 どころか 「繊細さ」 を感じさせる。 風に乗ってより遠くに飛ばすためだろうか、作りはシンプルでまったく無駄が見られない。
 子孫を残す一粒の種と風を受ける冠毛。 無駄を排した軽い作りの綿毛は、確実に風をとらえて、親元を離れて遠くへと旅立っていく。

タ ン ポ ポ の 種 子

 風をとらえて飛んでいく綿毛のその行き先は風任せ。 親にも綿毛自身にもどこが終着点で、どんなところに降り立つのかは分からない。 コンクリートやアスファルトの上に降り立ち、干からびていくかも知れない。 川や池に落ち、朽ち果てていく運命かも知れない。 運良く土の上に落ちた種子だけが、やがて小さな小さな種子に秘められたエネルギーによって、自力で芽を出し、再び花を咲かせるのだ。
 タンポポの綿毛は風任せ。 きょうも無数の綿毛が、わたしの目の前を風に乗って流れていく。

いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タンポポはこの綿毛になった姿を見るのも楽しいものですね
タンポポを見るとチングルマを思い、チングルマを見るとタンポポを思う私です
共に綿毛になりますものね
ベニマシコ
2009/05/10 22:40
◆ベニマシコさんへ
この時期、ちょっと奥まったたんぼ道や山道にはいると、
タンポポの綿毛で一杯です。
歩く先々、綿毛がゆっくりと風に乗って流れていきます。
チングルマを連想するとは、やはり山好きのベニマシコさんですね。
wagtail
URL
2009/05/12 08:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タンポポの綿毛は風まかせ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる