おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 安曇野明科の “あやめ祭”

<<   作成日時 : 2009/06/25 06:26   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 梅雨の時期、「紫陽花」「あやめ」が生き生きとして輝いている。 明科であやめ祭を開催しているというので、初めて出掛けてみた。


 この日は、前夜の激しい雨が上がり、夏を思わせるような陽射しの日だった。 ちょっとあやめはバテ気味の状態ではあったが、なかなか風情のある風景を楽しむことが出来た。 人も少なく、ゆったりした時間の流れを満喫した。
 こうした場所は駐車料金を取ったり入場料を取ったりすることが多いが、何もかも無料というのも嬉しい。 「来年もまた来てみよう」 そんな思いになる場所だ。
 


いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
紫陽花ばかりが目に付きますが
そうですね、アヤメの時期でもあるのですね!!
私はこの紫の色が好きです・・・
新潟にも新発田の五十公野公園と言う所のあやめが有名で
三度程見に行きましたが、数も種類もすごかったです
一度はユーザーさんの要望で行ったのですが
色々な種類を触れていただいて楽しんでいただきました
こんな花の中に身を置くだけで、日頃とは違う時間を過せて良いものですね♪
ネネ
2009/06/26 06:28
先ほどウェブで新発田の「五十公野公園」のあやめを調べてみました。
規模といい美しさといい、すごいですね。
ネネさんが三度見に行かれたというのも頷けるというものです。
この公園は一見の価値ありですね。
あやめと水が一体となった風景は風情があり、わたし好みの素敵な雰囲気をかもし出します。
wagtail
URL
2009/06/26 08:31
こんにちは 信州は空気が澄んでいるので、あやめの色が鮮明で凄く奇麗ですね 羨ましいです
ラーレ
2009/06/26 10:17
◆ラーレさんへ
水辺に咲くあやめも風情があっていいものです。
「わび・さび」の世界でしょうか。
わたしのお気に入りの安曇野の一角ですが、初めて行ってみました。
また行ってみたい、そんな思いにさせる所でした。
wagtail
URL
2009/06/26 10:44
wagtailさんへ ハナイカダ太平山でみっけることができました、軽井沢植物園に電話したらあるそうです
雄と雌の木があるそうで 軽井沢に行って見てこようと思っていたところでした、八ヶ岳・八千穂高原の渓谷のハイキングかねて見に行きます お礼 遅くなりました
ありがとうございました、
ラーレ
2009/06/26 11:41
◆ラーレさんへ
“花の小道”で、ラーレさんがハナイカダを見つけたことを知りました。
秋にはきっと、あの緑の実が、黒く熟していくんでしょうね。
ベニツツジの見頃には間に合わないかも知れませんが、
八千穂高原の今は、クリンソウとベニバナイチヤクソウが
きれいに咲いていると思いますよ。
wagtail
URL
2009/06/26 15:34
見事なアヤメですね。
明科はお袋の出身地でして、おじいさん達の墓参りにも毎年行っています。確かアヤメがシンボルだったような覚えがありますし、あやめ祭りもやっていたよなと記憶がありますが、この時期に明科を訪問することもありませんでしたから、拝見してビックリしています。できたら来年は行ってみたいと思います。良い情報をありがとうございました。
まさ
2009/06/27 05:17
◆まささんへ
そうでしたか。明科はまささんにとって馴染みの深い所だったんですね。
わたしもここは初めて行ってみました。
公園内に水路がうまく取り込まれており、心落ち着くいい雰囲気を作り出していました。
すっかり気に入ってしまい、「また行ってみよう。」と、そんな思いをしながら帰りました。
まだ写真の整理が付かず奮闘中ですが、何とか外の写真もHPにアップしたいと思っています。
いつになるやら…といった雰囲気ですが、頑張ります。
wagtail
URL
2009/06/28 11:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
安曇野明科の “あやめ祭” おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる