おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 割り箸に守られるネジバナ

<<   作成日時 : 2009/09/03 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 以前に 「可憐に咲く ネジバナ」 で採り上げた刈り取られてしまったネジバナが帰ってきた。 せっかく花が咲いていたが刈り取られてしまったのは7月20日頃であった。 それからおよそ40日、こうしてたくましく再生し、可憐な花を再び見せてくれた。  

再び花を咲かせたネジバナ

 撮影したネジバナは、何と6本もの花茎を立ち上げている。 普段はこんなに固まって何本もの花茎を立ち上げるのは見たことがない。 咲かせる花は可憐だが、こうして刈り取られても一ヶ月ほどすると再び花を付けるネジバナは、雑草ならではのたくましささえ感じる。

可憐さと逞しさ

 このネジバナも、またいつ芝と共に刈り込まれてしまうのか分からない運命だが、そばに咲いていた別のネジバナの脇に 「ここにネジバナが咲いていますよ。」 と言わんばかりに、数本の割り箸がネジバナを守るように立てられていた。 きっと職場のどなたかが立ててくれたものだろうが、優しい心遣いが嬉しかった。 “可憐なネジバナ” の花が、人の心の “優しさ” を呼んだのだろうか。

割り箸に守られて


いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ネジバナの左巻き、右巻き、知りませんでした。
教えていただいて改めて眺めてみると、なるほど
左巻き、右巻き、さらにねじれないネジバナも
ありました。
この花ほんとうに逞しいですね。
なぜ芝の中が好きなのでしょう。
我が家も芝生の中から伸び上がり、
見つけたら移してあげています。

雅♪
2009/09/03 00:49
◆雅♪さんへ
右まき・左まき・捻れ無し、どう決定されていくんでしょうかねぇ。
捻れないネジバナ(?)、あるんですね。
わたしが見つけるネジバナは、いつも芝の中です。
昨年このコーナーのネジバナ記事を見た大学院の学生さんから、
ネジバナの研究調査をしておられるというメールが届きました。
どうやら周囲の土との関連を調べているようでした。
世の中、様々な研究をされている方がいるものです。
それにしてもご自宅の芝の中にネジバナですか…。 
移植する雅♪さんの姿に優しさが滲みます。
wagtail
URL
2009/09/03 15:55
本当に可憐な姿ですよね♪
以前、芝と一緒に刈り取られたという日記の、あのネジ花なのですか?
凄い生命力ですね・・・
ネジ花の周りに割り箸、wagtailさんと一緒で刈り取られてしまうネジ花が忍びなかったのでしょうね。
きっと可憐な姿に誰もが癒されているのでしょう。
ネネ
2009/09/04 19:04
◆ネネさんへ
そうです。 このネジバナは、あの40日ほど前に刈り取られたネジバナ達です。
実は撮影した際、何本かあった割り箸の中から1本だけ拝借して、他のネジバナの側にも立てさせていただきました。
昨日この芝地を見ましたら、一つのネジバナを囲むように何本もさされていた割り箸が、あちらこちらに分散して立てられていました。
その一本一本の割り箸の脇には、全てネジバナの花が咲いていました。
蘭を思わせる可憐な花の姿が、どなたかの心を動かしたんでしょうね。
職場に、こんな心遣いをされる方がおられるのは嬉しいことです。
wagtail
URL
2009/09/05 10:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
割り箸に守られるネジバナ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる