おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ち葉で描く蜘蛛の芸術

<<   作成日時 : 2009/11/02 06:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 色づいた木々の葉が、風が吹くたびにハラハラと散り落ちる。 里山の紅葉が始まったかと思ったのもつかの間、もう落葉の季節を迎えた。 林の中を歩いていると、時として思いがけない自然の芸術品を見付けることがある。

落 ち 葉 の 彩

 木の小枝から離れた数種類の葉が、秋の日差しに透けるように浮き、何とも言えぬ風情をかもし出している。 実は、これは風で落葉した木の葉が、蜘蛛の巣に引っかかって偶然に描かれた、蜘蛛の自然派芸術作品なのだ。
 
蜘蛛と落ち葉

 光線の下弦によっては蜘蛛の糸が全く見えなくなり、綺麗に色づいた葉が、宙に浮いたように見える。 数日前には、木の葉が一本の蜘蛛の糸につり下げられ、クルクル回りながら風に揺れているのを見た。 その時は、何かメルヘンの世界にいるような不思議な感覚に浸りながら、しばしクルクル回る紅葉した山桜の葉を眺めていた。



 この日の散策は、この蜘蛛の芸術作品を見掛けた後は、もっぱら、「さらに美しく描かれた蜘蛛の巣はないか」 と探してしまった。 わたしにとっては、こんな変わった風景に接することは新たな楽しみであったが、蜘蛛にしてみたら、落ち葉が巣に留まることは、迷惑極まりないことだろう。



 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
落ち葉で描く蜘蛛の芸術 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる