おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS キカラスウリの実

<<   作成日時 : 2009/11/27 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 金網フェンスにすでに枯れた蔓がたくさん絡まっている。 そして、フェンスの向こう側に、何やら大人のこぶし位の大きさの黄色い果実がぶら下がっているのが見えた。 さっそくフェンスの反対側に回り込んで確認してみると、カラスウリによく似た黄色い果実だった。

キカラスウリの実

 カラスウリによく似ているが、カラスウリに比べると随分大きいし、カラスウリの実はオレンジ色のはずだ。 いったい何の実だろうと思い、帰宅後さっそく調べてみた。 とりあえず 「カラスウリ」 を調べるとそこには見付けた果実とよく似た果実も掲載されており、 「キカラスウリ」 と記されていた。 キカラスウリはカラスウリに似て果実が黄色であるとの意味から付けられた名のようだ。
 見付けたキカラスウリの実はこの二つだけだったが、中はどうなっているのか調べてみようかと思って一つをもぎ取ろうかと思った。 しかし、幸いにも近くに砕けた実が一つ転がっていて、観察することができた。

キカラスウリの種子

 周囲には砕けた実と共に褐色の種子が散乱していたが、この種子や根は薬用にするそうだ。
  あせもや化粧品用に薬局などで売られている 「天瓜粉」 は、キカラスウリの根を砕いて水に溶き、沈殿したデンプンを布などでこして作ったものらしい。
  今までこの場所は頻繁に通っていたが花が咲いているのには見たことがなかった。 花は6月から9月にかけて咲き、夕方から咲き始めて朝にはしぼみ始めるので、散策の時間帯にはすでにしぼんでいたのだ。 夕方になると花弁の先端が細い糸状になりレースのように見える白い花を咲かせるというが、ぜひ見てみたいものだ。

  いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カラス瓜はこの間 山を歩いた時に見かけた(写真は撮らなかった)ので興味津々で読みました。
>花弁の先端が細い糸状になりレースのように見える白い花を咲かせる
という下りを読んでハハーンと思い浮かびました。
あの花なら昼間見たことがあります。
草叢に顔を覗かせていたあの花がキカラスウリだったのですね。
wagtailさんもきっと見ていると思いますよ。
これで一つ又知識が増えました。\(^o^)/
ベニマシコ
2009/11/28 17:44
ベニマシコさんへ
カラスウリは知っていましたが、キカラスウリは初めてです。
まだまだわたしの知らない動植物がたくさんあり、散策が日々楽しいです。
カラスウリは夜花を咲かせるため昼間は見られませんが、
キカラスウリは朝方まだ開いているので、昼間でも見られることがあるようです。
今回の発見で場所が分かりましたので、花の時期になったら朝の内に歩いてみたいと思います。
wagtail
URL
2009/11/29 22:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
キカラスウリの実 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる