おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬枯れに映えるヒヨドリジョウゴ

<<   作成日時 : 2009/12/30 14:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 冬の里山を歩いていると、この艶々の赤い実が目を引く。 鮮やかな赤色の実は、冬枯れの野によく映え、ついこうしてヒヨドリジョウゴの話題を取り上げたくなる。

ヒヨドリジョウゴの実

 多分、以前にも触れていると思うが、ヒヨドリジョウゴの名は、ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされている。 昼休みに野鳥の撮影をして歩いていると、ヒヨドリが草木の実などをついばんでいる姿を見掛ける機会は結構多かった。 しかし、実際にヒヨドリがこの実を食べている観察をしたことは一度もない。 ヒヨドリがこの実を本当に食べるのかどうかは別として、この時期にヒヨドリジョウゴがこんなに沢山残っているのを見ると、ヒヨドリが特に好んで食べるわけではないのではないかと思う。
 見るからに美味しそうな果実ではあるが、神経毒であるソラニンを含んでいとのことで、たくさん食べると中毒する可能性があるそうだ。
 
 今年は年賀状は書かないし、正月飾りも飾らない。 また、つい最近家の改築をしたため例年のような大掃除をする必要もなく、暮れとは思えないようなのんびりした時間を過ごしている。 いつもとはちょっと違った気分でお正月を迎えようとしている今年の年の瀬だ。
 
 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬枯れに映えるヒヨドリジョウゴ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる