おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷え込んだ霜の朝

<<   作成日時 : 2009/12/09 06:47   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 寝室の窓を開けると、思わず身を縮めるような寒気が一気に入ってきた。 昨日は、冬型の気圧配置放射冷却により厳しい冷え込みとなった。 この冬一番の冷え込みだったようで、窓の外は一面霜の景色が広がっていた。


 着替えをすませ庭に出ると、凛とした空気感が周囲に漂っている。 霜の様子を見に裏庭に回ると、足下で霜柱がサクサクと崩れる音がする。 凍てつくような寒さの中を出勤時刻を気にしながら少し歩いてみると、道路脇の足下の落ち葉にも霜がビッシリと付いている。


 昨日は、朝の厳しい冷え込みにもかかわらず、日中は小春日和の上天気になった。 それでも昼休みの散策の時(午後)でさえも日影の植物の霜は溶けることがなかった。 顔を近づけてみると、まだ霜の結晶がはっきりと見え、厳しい冷え込みの跡が残されている。



 霜は、空気中の水蒸気が地面あるいは地上の物体の表面に氷の結晶として凝結したものだが、まだ緑の色が残った植物の葉もご覧の状態だ。 こうして植物に霜が付着していては、植物は直接冷やされ、活動はかなり低下しているに違いない。 こうして一日溶けないような状況下では、中の水分が凍って枯れてしまうこともあるのではないだろうか。 それにしても、こうして厳寒のもとでも生き続ける植物の強い生命力には驚きだ。
 

 今朝もまた窓や車のガラスには、「窓霜」 が付いていた。 ここ数日は、短時間暖機運転をして窓の霜を溶かしてから出勤する朝が続いている。 でも、こんな寒さはまだまだ序の口。 冬本番は、これからだ。

  いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。 いつも見ていただきありがとうございます。ブログランキングに参加中です。応援クリックしていただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!矢車草です。

こちらにもお邪魔させていただきました(^_-)
今日は東京もとても寒い朝でした。起きるのが辛い季節になりました。
でも、私は結構このピーンと張り詰めた冷たい空気も好きなんです。

窓霜はこちらでは見たことはありません。
葉っぱについた霜の結晶、とっても綺麗ですね!
信州はもうすっかり冬突入なんですね。
お風邪など引かれませんように(*^_^*)


矢車草
2009/12/09 17:27
 wagtailさん こんばんわ。
ご無沙汰いたして居ります。
PC ご機嫌斜めで修復いたしましたがメールが届かないようです。
そちらは本格的な冬ですね。
お姫様はだんだんと厚化粧になり裾まで白く輝き始めました
azami
2009/12/09 21:09
矢車草さんへ
「おりふしの記」にもお寄りいただき、ありがとうございます。
信州のこのところの朝は、毎朝霜が降りるようになりました。
矢車草さんも感じておられるように、わたしも寒い朝の凛とした空気感は、身が引き締まるようで、嫌いではありません。
でも、年ごとに身体に応えるようになってきているようです。
カメラのレンズを通してみると、肉眼では味わえない世界世界が広がり、新たな楽しみを見付けることができます。
また信州の冬もお伝えできればと思っています。
wagtail
URL
2009/12/10 14:09
azamiさんへ
PCは、ご機嫌斜めになるか分からず、
突然やって来た時は、その対応や修復が本当に大変ですよね。
わたしもそんな時に備えて、時々外付けHDDに保存したりして、対策はとっているんですけど…。

信州も日ごとに寒気が増しています。
雪を頂いた冬の富士山もみごとな眺めでしょうね。
azamiさんのブログで、日々の富士山の姿を拝見するのが楽しみです。
wagtail
URL
2009/12/10 14:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冷え込んだ霜の朝 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる