おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ツクシ誰の子、スギナの子〜♪

<<   作成日時 : 2010/04/05 06:55   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 昨日も好天に恵まれ、ポカポカ陽気の中を歩いた。 いつものたんぼ道を歩くと土手にツクシが頭を出していた。 「おぅ、ツクシだ!」 思わず近寄ってしゃがみ込む。 ツクシほど子ども時代から万人に愛されている野草もそう多くはあるまい。 毎日通っていた土手だが今まで気がつかずに通り越していた。 目に見えていても、見ていないものが何と多いことか。
 

 親子を思わせるような二本のツクシが見つかったので、写真を撮ろうと腹ばいになると、枯草の心地よい香りが鼻をかすめ、思わず大きく息を吸った。 やはりツクシは上から眺めおろすのではなく、ツクシと同じ高さから眺めるのが一番いい。


 ところで、「ツクシ誰の子、スギナの子〜♪」 というわらべ歌があるが、ツクシとスギナは、もちろん親子関係ではない。 ツクシは、胞子を散布するためのスギナの胞子茎。 そして、スギナは、光合成をする栄養茎で、退治するのにやっかいな雑草として農家の方々に嫌われている。
 このかわいい円い頭で作られた胞子をまき散らすと、やがてツクシは枯れていく。 その頃には、桜を始めとする多くの花の季節が春遅い信州にも訪れるだろう。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
wagtailさん、こんばんは。
ツクシの目線から撮ったお写真良いですね。
なんだか世界が違って見えますね。
ツクシは子供の頃よく見たのですが、
暫くその存在すら忘れているほど
目に入りませんでした。ここ数年この可愛らしく
懐かしささえ覚えるツクシを
見つめることが多くなりました。
これもデジカメを持ち歩いている効果?と思います。
退職しても好奇心いっぱいの生活を続けたいと思います。
雅♪
2010/04/05 23:25
雅♪さんへ
わたしも自然に対する感性を磨き続けたいと常に思っています。
また、みなさんのHPやブログを拝見することにより
自然の見方を教えられることもたくさんあります。
確かに雅♪さんもおっしゃる通り、
カメラを持っているだけでも自然に対する自分の感覚が違うことが分かります。
ですからわたしも昼の散策や犬の散歩の際には、必ずカメラ持参です。
小さな自然の変化に無頓着になったときは、自分の引退の時だなと思います。
wagtail
2010/04/06 22:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツクシ誰の子、スギナの子〜♪ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる