おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 足下の野花・ヒメオドリコソウ

<<   作成日時 : 2010/04/07 19:22   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 野道を歩いていると、ヒメオドリコソウが至る所で見られる。 花の形がオドリコソウに似ていて小さいのでヒメオドリコソウ(姫踊り子草)と呼ばれるようになったと言うことだ。 しかし、一つの花をよく見ると 「小さいオドリコソウ」 と名付けられた花ではあるが、オドリコソウよりむしろホトケノザの花にとてもよく似ているように思う。 (次回ホトケノザを掲載予定)


 この野花はもちろん雑草であるが、単独で生えていることはまずなく、このように群生していることが多い。 腰をかがめ目線を低くして群生している様子を見ると、かわいいこびとがずらりと並んでいるようで、結構きれいで、かわいいものだ。 


 写真のヒメオドリコソウは、日当たりに生えているので葉が赤紫色を帯びているが、半日陰に生育している場合には、葉が緑色だそうだ。


 葉の付き方を見るとさらにおもしろいことに気づく。 腰をかがめ、上から見下ろすと、上の葉は下の葉の陰にならないように生え、下の葉ほど葉柄を長く伸ばして外側に付いていることが分かる。 だから、上から眺めるとすべての葉が見えるような構造で葉がついているのだ。 つまりたくさんの葉がついていながら、すべての葉に太陽が当たり易いような構造になっているのだ。


 以前地面に寝転んで、樹木を下から見上げた際、たくさんの葉っぱ同士が余り重なり合わないように頭上いっぱいに広がっているのを発見し、大きな感動を覚えたことを思い出す。 自然界は、実にうまくできているものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
暖かくなったと思ったら又今日のような寒さに・・・
なかなか薄手のコートに着替える事ができずにいます。
それでも気が付けば、ツクシもいつの間にか伸びて、オドリコソウ(ヒメオドリコソウかどうかはわかりませんが)もあちこちで可愛く花を咲かせています♪
本当に愛しげな花ですよね・・・
こちらの桜は蕾の先をピンクに染めながら、今か今かと其の時を待っています。
ユーザーさん達と、お花見ができるその日を楽しみにしているのです。
ネネ
2010/04/08 20:52
追伸:私がオドリコソウと思っていたのは、ヒメオドリコソウでしょうか?
最初はホトケノザと同じかと思っていましたが。
ネネ
2010/04/09 08:31
ネネさんへ
オドリコソウは、ヒメオドリコソウより大振りで、白い花だったと思います。
ヒメオドリコソウの方がオドリコソウよりずっと普遍的に見られます。
多分、ヒメオドリコソウだったのではないでしょうか。

昨日知人が高田公園の花見に行ってきましたが、桜は3分咲きだったとか。
道中、まだ雪が大分あったと驚いていました。
近所の桜も来週あたりは見頃になりそうです。
きっと新潟と同じくらいの開花状況でしょうね。
wagtail
2010/04/09 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
足下の野花・ヒメオドリコソウ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる