おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 春雪のいたずら

<<   作成日時 : 2010/04/19 13:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 甲信越地方に雪をもたらした16日の朝、春も春、4月も半ばだというのに我が家の庭にも雪かきが必要なほどの雪が積もった。 蕾をたくさん付けたハナカイドウの枝には雪がたっぷりと積もり、前日まで咲いていたチューリップはしっかりと花びらを閉じ、ヒヤシンスは開花したまま雪まみれとなった。

ハナカイドウとチューリップ
  

ヒヤシンスとムスカリ

 たった1〜2pほどの積雪であり、そのままにしておいてもすぐに溶けるだろうが、後がグチャグチャして厄介なので、たとえわずかな積雪でも雪かきをすることにしている。 春の雪は湿り気をたっぷりと含んでいるので、雪はかなり重く、雪かきはなかなかの重労働だ。 そして、春の雪はその重量から樹木に思わぬ被害をもたらす。

ヒマラヤユキノシタ

 朝のうちにほとんどの雪は溶けて姿を消し、午後になって犬の散歩に出た頃には、裏山の雑木林内の雪もすっかり消えていた。
 しかし、予想していたように葉を付けた木や花をたくさん付けていた木は、枝に積もった雪の重量に耐えきれず、大枝が折れている木が所々で見られた。 松の大枝が道路に落下し、たくさんの折れた枝が道をふさいでいる。 見上げる先に、枝が裂け落ちた跡がクッキリと残っており、被害の大きさが見て取れる。

道路をふさぐ松の枝

 山を下り、家の近くまで来ると、満開状態の見頃を迎えていた桜の枝も、見事に咲いた花を付けたまま株元に落ち、痛々しい姿を露呈していた。

枝の折れた桜

 翌日の新聞を見ると、、「天下第一の桜」の名所と言われている伊那の 「高遠城址公園」 でもタカトウコヒガンザクラの枝が折れる被害が出て、やむなく休園の措置をとらざるを得なかったようだ。 春の雪は、時としてこうした大変ないたずらをするものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは・・・
凄い雪ですね、驚きました!!
長野の友達がメールにて、雪の様子を知らせてくれましたがこれほどひどいとは・・・
せっかく咲いた花も寒さに震えているようです。
我が家も同じ花のムスカリ、スミレが咲き始めています。
こちらも毎日10度〜12・3度と寒い日が続いていて、なかなか冬物のコートを脱ぐことができません。
それでもこの前の日曜日から火曜日までは天気も良く、毎日のようにユーザーさんとお花見に行きました♪
昨日は梅ならぬ桜の花にウグイスが!!
それも1m位しか離れていない場所で、こんなにはっきりとウグイスを見たのは初めてで感動してしまいました♪
花から花へ、でも逃げるふうでもなくなかなかサービス精神旺盛なウグイスで、スマートな姿を地味な色ではありましたが、綺麗な姿を見ることができて嬉しかったです!!
ネネ
2010/04/22 19:49
ネネさんへ
4月に入ってからの雪はまれにあるのですが、さすがにここに来て雪かきをするとは思いませんでした。
有名な桜の名所高遠城址公園の桜は60本も枝が折られ、世話をしてきた方々をがっかりさせたようです。
このところの陽気は、三寒四温などというレベルではないようです。
いくら何でもこれで冬将軍も去っていくでしょうね。

ウグイスは、いつも藪の中にいてなかなか姿を見せませんが、その姿をしっかり見れた、よだれが出そうなすてきなチャンスがあったようですね。
この時期、どこに行ってもほれぼれするようなウグイスの声が聞かれますが、私の野鳥撮影のリストには、1枚だけしかないんですよ。

またみすをおかしてしまいました。
ムスカリですよね。 クロッカスと書きながらどこかしっくりしない違和感を感じながらも、そのまま掲載していました。
いつもそれとなくお教えいただき、ありがとうございます。 さっそく訂正することができました。
wagtail
2010/04/23 08:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
春雪のいたずら おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる