おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蜜蜂とニセアカシヤ

<<   作成日時 : 2010/05/26 19:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 昼休みの散策で草原を歩いていくと、今日はやけに蜜蜂が飛び回っている。 注意しながら進んでいくと、箱が二つ草原の端の方に置かれていた。 蜜蜂は、盛んにその箱の方に飛んでいくのがわかった。 さらに近くに寄ってみると、箱はどうやら蜜蜂の巣箱であるようだ。 きっと養蜂家の方が、蜜蜂の巣箱をここに設置していったようだ。
 
ミツバチの巣箱

 周囲を見回してみると、ニセアカシヤの木が何本も生えており、花が満開に咲き誇っている。 近くに寄ると、真っ白い花があたり一面によい香りを漂わせいる。 この花の蜜を集めるために、先ほどから蜜蜂があちらこちらで飛び交っているのだ。
 
ニセアカシヤ

 蜜蜂の巣箱入り口付近では、たくさんの蜜蜂が羽音を立てて出入りしている。 巣箱の中では、蜜源までの距離と方向と蜜の量を仲間に知らせるために、例の八の字ダンスをしているに違いない。

飛び交う蜜蜂

 蛇足になるが、このニセアカシヤは千曲川にもたくさんある。 そして、この花が咲く頃にはオオヨシキリが渡ってきて、寂しかった河原がその声で賑やかになる。 今頃は、オオヨシキリで千曲川は湧き上がっていることだろう。 折を見て、オオヨシキリに行き会いに行ってみようと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蜜蜂とニセアカシヤ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる