おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 道ばたの野花

<<   作成日時 : 2010/06/25 19:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 本格的な梅雨を迎え、木々の緑が一段と深まり、もうすぐ本格的な夏を迎える。 散策する林はうっそうとした緑深い林となり、道路脇の植物も一斉に花を付け始めた。 梅雨に入って、あらゆる植物が活力を帯び、生き生きしているのが眼に見えて分かる。 この時期になると山道の端で良くホタルブクロの淡い紅紫色の花を見つけることができる。

ホタルブクロ

 雨上がりの山道で、雨露に濡れたホタルブクロを見付けた。 雨の跡の爽やかな風に花が揺れ、なかなかの風情だ。 可憐さや繊細さこそ余りないが、野趣があり、わたしの大好きな花でもある。
 江戸からの途中、雨の中、長野県豊野町の正見寺でホタルブクロを見た小林一茶が、
「旅人に 雨降り花の 咲きにけり」 と詠んでいる。 ホタルブクロの名の通り、蛍の飛ぶ頃に咲き、丁度その頃は今のような梅雨の時期に当たるので、一茶の句にあるように雨降り花の別名もあって、季節感のある花の名前を持っている。
 下向きに咲く花の中を覗いて見ると内側には紫色の斑点があり、長い剛毛のような突起物も多数見られる。 きっと子どもの頃、この袋状の花に蛍を入れて遊んだ人もいるだろう。


 ホタルブクロの咲いているすぐ近くに、紫色の唇状の花が群れになって咲いていた。 この時期に咲く野花でわたしの好きなもう一つの花、ウツボグサだ。
 ウツボグサの花穂(かすい)の形が矢を背負って入れる靱(うつぼ)という道具に似ていることから 「靫草 (ウツボグサ) 」 と言われるようになったというのが名前の由来だそうだ。 
 
ウツボグサ


 もともとは山地の草地にはえていることが多かった花だが、最近では平地でもよく見られるようになった。 きょうも静かに吹く風に揺れながら、その鮮やかな紫で、昼休みの散策をお終いにして、午後の仕事に向かうわたしを見送ってくれた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ。
予報当たらず薄日が差して来ました富士山麓です。
菖蒲 イノシシ ホタルブクロ そちらは自然一杯
野鳥も多く良いですね。
東名高速にイノシシが飛び出す事有るようで
ヘンス張り白い短冊が風に揺れて居ます。
周りの土手にはミミズ探して掘り返し跡が残っており
食べ物の無い事の証ですね。
機械で農作業する為田が大きくなり、野草 山草少なくなりました。
azami
2010/06/26 10:36
azamiさんへ
本格的な梅雨を迎え、はっきりしないドンヨリした日が続きます。
「おりふしの記」を、いくつもご覧いただき、ありがとうございます。
職場近くにはイノシシが出没し、鼻で掘った跡も随所に見られます。
昨年は、azamiさんの所と同じように、田畑やイノシシが里に下りるコースにしていると思われる場所には、侵入を防ぐためのフェンスが張り巡らされていました。
まだ人への危害を加えたということはないようですが、県下の他の場所では結構そう言うこともあるようです。
願わくば昼の散策の時に、イノシシと遭遇することがないようにと願っています。
wagtail
URL
2010/06/26 13:43
もう、ホタルブクロ咲き始めたのですね。
雨に濡れたホタルブクロの写真、綺麗です。
野の花は良いですね。風情があります。
軽井沢はまだまだ蕾さえ持っていません。
私のホタルブクロ情報はまだまだ先でしょう(^O^)
雅♪
2010/06/26 23:21
雨露にぬれた野花は本当に魅力的です。
この時期になると、ついついホタルブクロをキョロキョロと探してしまいます。
梅雨の晴れ間に木漏れ日を浴びながらそよ風に揺れる野花は何ともいえず心を引きつけ、足を止めさせます。
軽井沢の林道に咲くホタルブクロは、周りの風景にマッチするでしょうね。
wagtail
URL
2010/06/27 08:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
道ばたの野花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる