おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の訪れを告げる彼岸花

<<   作成日時 : 2010/09/29 19:01   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 毎年、彼岸の頃になると、至るところで満開の彼岸花の便りが聞かれる。  「彼岸花」 とはよくぞ命名したものだと感心するばかりだ。 わたしの昼休みの散策路の(わたしが勝手に個人的に命名した) “彼岸花の小径”の彼岸花が朱色の花を咲かせ、見ごろを迎えている。


 今年は夏の異常な暑さのため、開花が例年より1週間ほど遅れた地域が多いようだが、“彼岸花の小径”の花も、昨年より遅い見頃時期をむかえることとなった。 
 秋の彼岸近く、赤く燃えるように咲く彼岸花は実に印象的だ。 わたしが命名した“彼岸花の小径”の彼岸花は、用水路の土手に咲いているものだ。 この花は、いつの頃か中国から渡来した帰化植物とのこと。 人里近い堤防や田んぼのあぜ道で多く見掛けることから、ほとんどが人の手で植えられていったものであろうことが推測できる。


 わたしは曼珠沙華という呼び名が好きだが、彼岸花を曼珠沙華と呼ぶようになったのは、「葉より花が先に咲く」 すなわち 「まず咲く」 が変化して、「まんじゅしゃげ」 となったという説もある。 以前、花の時期と葉の時期がずれていることについて、この 「おりふしの記」 に書いたことがあるが、生存競争が激しい自然界で、したたかに生き残る道を切り開く植物でもある。


 秋の訪れを告げる彼岸花が咲き、ここ数日の昼休みの散策は、“彼岸花の小径”コースを歩くことが多くなっている。 こうして鮮やかな赤い彼岸花を楽しんでいる内に、秋は、これから次第に紅葉の時期へと移っていく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今年はどこでも開花が遅れているようですね。
私が住んでいる愛知県の半田市には、200万本とも言われるヒガンバナの名所がありますが、今年はまだ満開になっていません。昨日はまだつぼみが多く、あと1週間ほどはかかりそうな気配でした。
それにしても幻想的なヒガンバナの画像、素敵です。
みかん
2010/09/30 11:16
みかんさんへ
みかんさん、お久しぶりです。
その節は、ススキについてお教えいただき、ありがとうございました。

やはりこの彼岸花が咲くと、秋が実感できます。
この彼岸花は、ことによったら数人の目にしか止まらないような山懐の名もない土手にひっそりと咲いています。

半田市の彼岸花、200万本という驚きの量に興味がそそられ、調べてみました。
川沿いの土手に赤い絨毯を敷いたような風景写真があちらこちらで見られました。
これから満開の時期を迎えるんですね。
いつの時か折があったら、一目見たいようなそんな気持ちにさせる魅力的な光景でした。
wagtail
URL
2010/09/30 22:45
 彼岸花、どうしてこのような造形が作られるのか不思議です。綺麗ですね、本当に神様の悪戯なのかもしれませんよ。
藍上雄
2010/10/01 03:08
藍上雄さんへ
彼岸花、藍上雄さんのおっしゃる通り、見事な形で、きれいです。
彼岸花は、まさに自然の造形美です。
自然界には、私たちには真似のできないような見事な造形がたくさん見られ、魅力的です。
それにしても驚く時刻の書き込み、わたしはこの時刻深い眠りについていました。
wagtail
URL
2010/10/02 10:09
wagtail さん 初めまして

よしよしと申します。今日は私のHPへお越しいただいて
ありがとうございます。
千曲川の近くにお住まいなのですね。
素晴らしい彼岸花のお届けをありがとうございます。
また私のデジブック「白鷺・愛のメモリー」を見ていただいて
ありがとうございます。
自然大好き者同志、これからもよろしくお願いします。
よしよし
2010/10/02 16:48
よしよしさんへ
よしよしさん、こちらにお越しでしたか。
早速訪問していただき、ありがとうございます。
色々手を広げている内にご覧のような締まりのないHPになってしまいました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
wagtail
URL
2010/10/03 13:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋の訪れを告げる彼岸花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる