おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 赤い生け垣

<<   作成日時 : 2010/11/24 21:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 里山の紅葉も終盤を迎え、北風に吹かれ早くも葉を落とし始めている。 最近、住宅地などではブロック塀に代えて、倒壊の危険がない生垣が見直されてきている。 私の毎日散策する道にも色々な生け垣がある。


 真っ赤に燃えるように見えるこの生け垣は、ドウダンツツジだろうか。 春には白いかわいい花を咲かせるが、秋は密生した葉の赤がひときわ鮮やかに見える。 枝が密生し、刈り込みにも妙、花や紅葉がきれいなためだろうか、よく生け垣で使われている。 このドウダンツツジの葉が赤く染まった様子を、満天星紅葉(ドウダンモミジ)と言うそうだが、なかなか洒落たネーミングだと思う。
 この赤い葉が、すっかり落ち切り冬枯れ状態になるのも、もう間もないだろう。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。身近にある紅葉ですね。逆光にこの赤は映えます、まさに燃えるようです。確か、冬芽も見事でしたね。
行き当たりばったり
2010/11/24 23:52
ドウダンの赤も素敵ですね。
生垣にするのもいいですね。
ベニマシコ
2010/11/26 06:41
行き当たりばったりさんへ
発色がいいのか、他の木々が葉を落とし始めているせいか、
ドウダンツツジの赤は、この時期は非常に目を引きます。
冬芽もみごととなると、四季を通して見所があるんですね。
生け垣として使われるのは、そこに所以があるのでしょうかね。
wagtail
URL
2010/11/26 08:41
ベニマシコさんへ
ニシキギ、ドウダンツツジなどの赤い生け垣が、きれいな季節です。
この赤いみごとな葉も、このところの気圧の変化による強い風で、随分葉を落としました。
周囲はすっかり冬の準備に入り、落ち葉の季節を迎えています。
wagtail
URL
2010/11/26 08:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
赤い生け垣 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる