おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 少し寒い霜の朝

<<   作成日時 : 2010/12/20 00:11   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 時には寝覚めの布団から出るのが億劫になり、できれば布団も一緒に持ったまま…と思うような寒さを感じる朝もあるものだ。 いつものように布団から出て着替えると、すぐに寝室の窓を全開にする。 ヒンヤリした冷気と共に、まだ薄暗い外の光景が目に飛び込む。


 薄暗いながらもどことなく地面が白い光景が目の前に広がる。 寒さを感じたように、やはり霜の朝だった。 12月下旬ともなれば当然のことかも知れないが、連日こうした霜がおり、車のフロントガラスが凍る日が続く。
 冷え込みの厳しい朝の植物はまるで氷をまとったように真っ白で、マクロレンズを通してみると、身震いするほどの光景が見られる。 よくぞ植物の細胞が凍って死滅しないものだと感心してしまう。 


 例え陽射しが高くなっても、日陰の霜は午前いっぱい白くなっていることはまれではない。 この位の冷え込みや霜の降り具合はまだまだ序の口。 本格的な厳しい寒さがやってくるのはこれからだ。 それでもやはり、撮影している間に身体は冷え込み、指先の感覚が薄れていくのが分かる。


 こんな朝でもやはり出勤した朝の20分ほどの散策は欠かすことがない。 どんなに冷え込もうが、雪が降らない限りは散策をすることにしている。 それが私の健康法でもあり、爽やかな朝を楽しむ一日のスタートなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。寒い朝、確かに外に出たくないですね。しかし、日課にされてるとのこと。素晴らしいです。思いがけない情景や出来事に出合うかもしれませんね。
行き当たりばったり
2010/12/24 22:35
 やはり、霜の結晶なかなか綺麗ですね。寒々とした印象が良く伝わってきます。同じような経験をしているせいかもしれません。
藍上雄
2010/12/24 23:35
行き当たりばったりさんへ
出勤日には抵抗なく起きますが、
寒さが厳しい休日の朝ほど、布団から出る時には気合いが必要です。
朝の散策は爽やかで、昼休みとはまた違った自然を発見でき、楽しいものです。
wagtail
URL
2010/12/25 17:16
藍上雄さんへ
北海道の冷え込みも厳しいんでしょうね。
最近の信州は、連日霜と霜柱の朝です。
でも、これが冬ですから、冷え込みもさほど気にはなりません。
本格的な冬の到来はこれからですからね。
wagtail
URL
2010/12/25 17:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
少し寒い霜の朝 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる