おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 待ちわびた梅の開花

<<   作成日時 : 2011/03/16 20:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 ここ数日4月を思わせるような春めいた日が続いていたが、昼少し前から再び雪模様となった。 横殴りの寒風に舞う雪を見ながら地震の被災地で不自由な生活をされている人々のことを思った。 


 県南部では梅がすでに散った所もあると言うが、当地ではようやく昨日までの陽気に開花を始めた。 以前モズが止まった蕾の先に白い花びらが覗いていた梅の木の開花がずっと気になっていた。 「きょうは、花開いているだろうか…。」 と、毎日のように足を運んだ。
 昨日の昼休み、ようやく完全に開いた花を見付けた。 人の背丈の2倍にも満たない小さな梅の木ではあるが、数えてみると3輪の開花が確認できた。


 どんなに数が少なくとも、梅の花が咲くと、やはり春の到来が実感できる。 待ちに待った梅の開花を目にして、ちょっと嬉しい気分で立ち寄った近くの梅畑では、たくさんの蕾を枝いっぱいに付けた梅の木が目に付いた。 やはりこの梅の木も、ここ数日の内に開花が始まったらしく、暖かい日差しを待ちかねたように白い花びらをいっぱいに開いた梅の花が、枝のあちこちに見られた。
 待ちに待った、嬉しい春がここ北信 (長野県北部) の地にもやってきた。


 きょうは、ちょうど昼休みの頃雪になったので、昼の散策には出掛けられなかったが、午後の仕事を始める頃には、随分雪も小降りとなり、ちょっとだけ明るい陽射しも差した。 今日の雪は、積もるほどの降雪にはならないだろう。
 止まない雪はない。 たとえ動きは鈍くとも季節は確実に動き、寒くつらい“冬”の後には必ず暖かな希望の“春”がやってくる。

 悪夢のような想像を超えた試練に立たされた我々ではあるが、互いの連携を強め合い、やがては必ず希望の光が見えてくるであろうことを信じたい。 身の回りでも想像しなかったような小さな影響や異変(?)が起こっている。 今自分にはいったい何ができるのか、何はしてはならないのか真剣に考え、行動していこうと思う。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 やはり、梅は春なのだと思います。他の人のブログで、沈丁花が咲いているのを見ましたが、北海道は、まだまだ、雪が積もっております。北海道の春は、もう少し後かもしれません。
藍上雄
2011/03/19 23:10
藍上雄さんへ
我が家の庭の花壇に、クロッカス・クリスマスローズ・スノードロップ・福寿草などが咲き始め、春の到来を告げています。
やはり北海道は、まだ雪があるんですね。
春遅い信州ですが、このあたりではほとんど雪も消えており、例え雪が降ったとしても、この時期の雪はすぐ溶けていきます。
一足早く、春を楽しませていただいています。
wagtail
URL
2011/03/21 17:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
待ちわびた梅の開花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる