おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白木蓮の落花

<<   作成日時 : 2011/04/25 16:51   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 玄関先の白木蓮がこれ以上は開かないと思わせるほどの満開状態であった。 そんな華やかな玄関先の風景で、数日が経った。 ところが先日は一日冷たい雨となり、その開ききった白木蓮の花びらに雨が降り注いだ。


 満開の白木蓮は、みるみるうちに雨に打たれて落花を始め、木の下は一面白木蓮の花びらで埋め尽くされた。 今年は真っ白な花びら状態で咲ききるかと期待したのだが、以前にここに白木蓮について掲載したその日の夜と翌日は強めの冷え込みとなり、やはり花びらの先が茶色く薄汚れてしまった。
 「あと二日蕾を開くのを待っていたら…」と残念でならない。 その二日間を除けば、その後はずっと高めの気温が続いていたのに…。 たった二日の違いが惜しまれる。


 「来年こそは…」と確率の低い期待ばかりを毎年繰り返す。
 蛇足になるが、今年はこの白木蓮の木に新しく手作りの野鳥の巣箱を設置したが、どうやらシジュウカラがその巣箱に巣材を運び込んでいるようだ。 今度は、この白木蓮の木が、今までとは違った関心事の対象として見られることになりそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
白木蓮の散った花びらにさり気なく水仙を取り込み
見事な写真です。
花は誇らしそうに咲いている時、そして散るとき
美しさ、もの悲しさを感じさせて呉れる
大自然の詩人ですね
あいべん
2011/04/26 06:54
 あいべんさんへ
咲いてよし、散ってよし、最後まで風情を感じさせる花は魅力的ですね。
“大自然の詩人"、素敵な言葉に接しました。
「おりふしの記」に掲載するの写真は、ほとんどが“説明写真"ですが、
お認めいただき、嬉しいです。
wagtail
URL
2011/04/26 20:21
白木蓮がもう散っただなんて、暖かいんですね〜〜〜。
こちらはまだ木蓮は蕾です。コブシがやっと満開です。
昨年に比べますと、花の開花が数日遅いです。
それにしましても非情の雨でしたね。
でも、白い木蓮の花びらと水仙が綺麗です。
まるで散った花びらを水仙が悲しげに眺めているように思われます。
そういえば秋にイチョウも散ったら、目の覚めるような風景が
見られますね。やっと春なのに秋の話は早すぎました

雅♪
2011/04/26 23:45
雅♪さんへ
いつも楽しませていただいている“草花有情"を拝見しても、
こちらの季節の進み具合は一週間以上は早いのではないかと思われますね。
雅♪さんの庭では、水仙が開き始めたようですが、
我が家の水仙は今が真っ盛りで、花壇を賑わわせています。
今年の白木蓮も、結局は無垢の真っ白な状態で落花を迎えることはできませんでした。
散った後まで風情を感じさせる花は魅力的です。
同じように、きれいに染まった紅葉の絨毯も趣がありますよね。
wagtail
URL
2011/04/27 22:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
白木蓮の落花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる