おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「信州国際音楽村」 の水仙

<<   作成日時 : 2011/04/18 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 20度を超すような暖かな陽射しが降り注ぐ日となった。 上田城跡公園の桜も満開になったというが、どこの駐車場に行っても 「満車」 状況、一週間先の休みにはきっと散っているだろう。 ということで、今年の上田城址公園の花見は断念し、同じ上田市にある 「信州国際音楽村」 の水仙を見に行くことにした。 


  「信州国際音楽村」 のある丘には、2万株10万本のラッパスイセンが植え付けられている。 丘の駐車場が近づくと、黄色い水仙と芝桜の花のじゅうたんが一面に広がった風景が目の前にパッと広がった。
 ここの水仙は、1980年代後半に音楽村南側の斜面に職員が植えたのが始まりだと聞く。 それが年ごとに増え、今ではこんな黄色い絨毯のように咲き広がっている。 冬が厳しい信州ではこの時期、まだ周囲の山々も芽吹きが始まったばかりで寂しい雰囲気で色のない世界だけに、この水仙畑は一層見事に感じられる。
    

 風は少し強かったが、斜面の水仙は満開に咲きそろい、丘の下から吹き上げる風にラッパ水仙の花が右に左に揺れていた。
 ちょうど 「水仙祭り」 の期間中であったが、上田城址公園のように人で混雑するようなこともなく、訪れた人たちは、販売されている水仙の切り花や球根がをもとめたり、現地で開催されている花びら染め講習会に参加したりし、ゆっくりと流れる時間を楽しんでいた。  


 名所と呼ばれる場所を避け、こうした人の多くない場所を巡るのも、この花の時期の上手な過ごし方かも知れない。 一面水仙が咲く中で、小さな子どもの可愛い姿を携帯写真に納めている若いお母さんと子どもの姿が、長閑な春の風景に華を添えていた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まるで、おとぎの国のようです。
空気が此処まで綺麗なのですね。空の青、ラッパ水仙の黄色、
清んだ空気が色たちを調和して色彩の丘に誘う様です。
親子のカット好いですね
あいべん
2011/04/19 12:01
 久しぶりのコメントです。信州にもこういう処が有るのですね。でも水仙の花畑とはちょっと意外です。でも綺麗ですね。携帯で子供を撮る、母親、今風ですね。
藍上雄
2011/04/19 23:23
おはようございます。スイセンのじゅうたん、すごいです。この黄色が驚きですね。花の後、お礼肥は、かなりの量が必要でしょうね。
しかし、実際にここに入ると、お花に埋もれてしまうかもしれませんね。
行き当たりばったり
2011/04/20 07:05
随分、広い面積を有している水仙畑ですね。
見応えがありますね。
信州の美味しい空気と青い空。
黄色は、周りをパァーッと明るくしてくれる雰囲気を持っていますね。
雨が降って暗い天気の日でも、そこに黄色があると明るい気分にならせていただけます。
信州にも春がやってきましたね。(*^。^*)
ベニマシコ
2011/04/20 08:16
あいべんさんへ
丘の中腹から芝桜の植えられた木立を見上げるこのアングルが大好きで、
いつもここを訪れると、同じ場所に立ってしまうのです。
当日は幸いにも青空と適度な雲があり、美しい風景に恵まれました。
これが、曇天では様にならないでしょうね。
小さな子どもは、どこにいても絵になりますね。
wagtail
URL
2011/04/20 23:15
藍上雄さんへ
すいせんもこれだけの広さがあると、見応えがあり、
美しさを感じさせます。
小さな子どもさんの仕草が可愛く、その子に心配りをしながら熱心に写真におさめている若いお母さんが印象的でした。
服装は今風かも知れませんが、我が子を愛おしんでいる母親の姿を垣間見ました。
wagtail
URL
2011/04/20 23:22
行き当たりばったりさんへ
まさに水仙の黄色い絨毯でした。
花の見頃時期に訪問時期を合わせるのはなかなか大変ですが、
ちょうど満開状態のいい時期に遭遇することができました。
職員が丘の斜面に球根を植え込んだのがこの水仙畑の始まりのようですが、
今ではご覧の通り、2万株といいますから、きっと陰の世話も大変なことでしょうね。
wagtail
URL
2011/04/20 23:27
ベニマシコさんへ
2万株10万本の水仙と言いますから、これだけまとまると見栄えがします。
上田城跡公園の桜は諦めざるをえませんでしたが、
この水仙畑は、様々な条件が整い、まとまった美しい風景として眺めることができました。
花の見頃期間は短いので、こうした光景に休みがマッチしたのは拾いものかも知れません。
残りの写真も目下整理中、スライドショーの構想を練っています。
これからしばらく、“信州の春"が楽しめそうです。
wagtail
URL
2011/04/20 23:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「信州国際音楽村」 の水仙 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる