おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS タンポポの旅立ち

<<   作成日時 : 2011/05/25 06:10   >>

トラックバック 0 / コメント 22

 外を歩いていると、穏やかな春の風に乗ってタンポポの綿毛が目の前を左から右にゆっくりと横切っていった。 一面黄色いタンポポ原だった場所も、今では群落しているタンポポが綿毛になって、斜光にキラキラ輝いている。


 周知のように、タンポポは種がついた綿毛を風に乗せ遠くに飛ばすことで子孫を残している。 前回にも触れたように、ここの場所のタンポポは全てセイヨウタンポポだ。
 日本タンポポは受粉して繁殖するけれど、セイヨウタンポポは単為生殖であり、受粉しなくても繁殖できる。 すなわち、一株で種子ができ、殖えることができるのだ。


 綿毛をよく観察してみると、何本にも枝分かれした綿毛があり、その下に種が付いている。 このように、タンポポの綿毛は安定して風に乗り、遠くに飛ぶことができる構造を持っているため、春風に乗って漂い、日本中に広がっていく。
 

 今まさに一粒の種子が親タンポポを離れ、自らを空に浮かべ、旅立とうとしている。 またどこかで、セイヨウタンポポとして新しい生活の場を得るのだ。
 このタンポポの綿毛は、長い年月をかけて、最も効率的に遠くまで飛ばすために、航空工学の粋を集めたかのように、種子の重さと綿毛の数と長さが計算され、今の形に決定されてきたのだろう。 タンポポもまた自然の知恵を実現した草花だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
こんなに沢山のタンポポの綿帽子初めて見ました。
驚き以外の表現が出来ません。
合成では無いですね。 こんなに群生して、綿帽子
の時期も同じ・・・実に驚きです。
あいべん
2011/05/25 16:27
今晩は。かなりの種を飛ばすことになるでしょう。これだけ飛ばせば、やはり増える一方ですね。歴史の中で、こういうことが、何度も繰り返されてきたと考えることはできないのでしょうか?
進化、理想的な形になってくるのでしょうねぇ。
行き当たりばったり
2011/05/25 22:03
あいべんさんへ
もちろん無修正のノートリ写真です。
これだけ、同じ時期に一斉に開花し、綿毛になるのも、
セイヨウタンポポの生殖に係わる戦略かも知れませんね。
wagtail
URL
2011/05/26 17:15
 行き当たりばったりさんへ
植物も様々な工夫をし、長い間に進化してきているのでしょうね。
それにしても、恐るべき繁殖力です。
日本タンポポの行く末はどうなるんでしょうかね。
wagtail
URL
2011/05/26 17:16
 最後の写真ちょっと感動ですね!(苦労なされたのでは)西洋タンポポ確かに繁殖力が強い様です。日本タンポポは、風土に適応した進化を、していると思います。やはり何かの原因で、交雑種が、生き残る様な気がします。
藍上雄
2011/05/27 00:09
綿毛が飛び出す瞬間、感動ですね!
こうして素敵な写真を見せて頂きますと、庭の西洋タンポポも
むやみに抜いては可哀想・・・なんて気になりますが、
我が家の隣の空き地にタンポポが群生しています。
せめて、綿毛よ、飛んで来ないでと祈るばかりです
雅♪
2011/05/27 00:27
鋭い観察力と ベストタイミングの種の飛散画像。
驚きました。まるで 上部にヘリのプロペラを着けたような感じで
遠くまで飛んでいくのでしょうね。
自然の生き残り作戦 凄いです。
山帽子
2011/05/27 07:50
 藍上雄さんへ
偶然見付けた綿毛、その中の一つの種子が偶然目の前で飛び出そうとしていました。
特に待っていたわけではなく、偶然の積み重なりの結果です。

自然界、一つの種の進入により生態系が大きく動くことがあります。
日本タンポポが見られないようなことにならなければいいのですが…。
wagtail
URL
2011/05/27 08:04
雅♪さんへ
幸運にもいいタイミングに遭遇することができました。
待っていたり、ねらっていても、なかなかこんなタイミングはやってくるものではありませんよね。

セイヨウタンポポは、単為生殖で殖える植物ですので、
たくさんの花芽を体内に内蔵しているようですよ。
きっとお隣の空き地も、この写真状態ではないんでしょうか。
眺めているには黄色いタンポポ原も素敵ですが、庭にはびこってきたら話は別ですよね。
私も、庭のタンポポは、目の敵です。
wagtail
URL
2011/05/27 08:10
 山帽子さんへ
植物も動物も、全ての生物は、生き残りをかけて自然界の隙間をねらっては様々な進化を遂げていますね。
タンポポの一生を調べてみると、舌を巻くような幾多の工夫があり、感心することしきりです。
この種子を付けた落下傘一つとってみても、進化の中にきっと計算し尽くされた作戦が含まれているのではないかと、思われて仕方ありません。
こうした自然界の構造物からヒントを得て、私たち人類が取り入れているものがたくさんあるくらいですから…。
wagtail
URL
2011/05/27 08:18

何度も 何度も 見せて頂きました… とても熱心に勉強なさっているのですね。私も道草の料理の研究をさせて頂いてますので、とても参考になります。
有難うございました。
玄米!
2011/10/18 08:19
玄米!さんへ
玄米!さん、はじめまして。
訪問していただいたうえ、コメントまで残していただき、ありがとうございます。
ただただ自然が大好きで、幸い身の回りには豊かな自然が残っていますので、
こうして思いつくままに書き散らしております。
残念ながら、玄米!さんのところには訪問する術を持ち合わせておりませんが、これからもよろしくお願い致します。

wagtail
URL
2011/10/18 20:00
wagatilさん
お返事ありがとうございますm(__)m。 実は今月11月23日〜28日まで 愛知県豊田市にある『西村自然農園』さんに道草の料理や日本の伝統料理などを習いに研修に伺います。

wagatilさんのところにも機会があれば お伺いしたいです。
玄米
2011/11/15 08:09
玄米さんへ
五日間にもわたる研修、ご苦労様です。
これだけの日数をかけた研修、きっと密度の高い研修なんでしょうね。
玄米さんは、道草料理に本当に打ち込んでおられるんですね。
わたしもぼんやり日を過ごさず、何か勉強しないと…。

もし玄米さんがブログかホームページをお持ちでしたら、
拝見できるかなと思っていました。
アドレスのご連絡、ありがとうございました。
大事なアドレスですので、不特定多数の皆さんの目に触れる場ですので、
記録した上、いったん削除させていただきました。
ご了承ください。
wagtail
2011/11/15 13:32
早速のお返事ありがとうございますm(__)m

こちらはホームページです。http://7th-chord.jp/romantei/


これがブログです。diary_romantei@7th-chord.jp

内容は 同じようですが どうぞご覧下さい。

玄米です!
2011/11/15 18:51
玄米さんへ
こちらこそ、さっそくホームページ等のURLをお教えいただき、ありがとうございます。
何か、ホームページやブログのURLを請求したような形になってしまい、恐縮です。
ホームページにお伺いするのを楽しみにしております。
wagtail
URL
2011/11/16 08:55

只今 愛知県豊田市に研修に来ています。
ところで ホームページは見られましたか?
私も そうゆう事にうといもんで 人任せの処が有り心配しています。
判らないなら コメント下さい。
又 訪問致します。
玄米
2011/11/24 21:56
玄米さんへ
研修、ご苦労様です。
ホームページにはお伺いしていたのですが、どこにコメントしようかと探している内に、遅くなってしまいました。
充実したHPを拝見し、しかも毎日更新されているご努力に驚きました。
また、HPを二つお持ちでもあるんですね。
拝見している内に、名古屋で研修されているわけも薄々知ることができました。
求めておられる姿勢に感服しております。

wagtail
2011/11/24 22:53

訪問戴き有難うございました。
現在は飲食店を経営して下りますが ゆくゆくは栃木県の田舎に引っ込んで 自然塾を開きたいと思って下ります。その為wagtailさんの 野草のページは とても参考に成ります。
有難うございます。

ところで、出版は しないのですか?
楽しみに待っています。
玄米
2011/11/26 08:19
玄米さんへ
将来の展望が開けていて、研修しておられる現在も、やりがいがあるのでしょうね。
先細りのわたしにとっては、羨ましい話です。
植物のことは素人ですし、サイトで皆さんに教えていただいた内容です。
出版なんて、とてもとても…。
wagtail
URL
2011/11/27 22:35
素人だなんて!?何を謙遜為されているのですか?
とても詳しく 解りやすく 紹介されて素晴らしいと思います!!本当に有難く見させて戴いてます。
私には 何の力もありませんが このサイトが沢山の方の目に触れる事を祈るばかりです。

お陰様で研修も終わり 名古屋名物のひつまぶしを食べて帰って参りました。
今日からは、いよいよ実行に移して 自分の物にしていかなければなりません。
又 お邪魔致します。
玄米
2011/11/29 08:57
玄米さんへ
遠地での幾日にもわたる研修、本当にご苦労さまでした。
求める姿勢に感服しています。
wagtail
2011/11/29 17:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タンポポの旅立ち おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる