おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS タンポポの群生

<<   作成日時 : 2011/05/04 06:38   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 春の野原は若葉が萌えていて、山林では、新緑の美しさが楽しめる。 散策中、道ばたにタンポポが咲いている光景をよく目にする季節になり、歩く楽しさがぐんと増した。 散策コースの一角にタンポポが群生している草原がある。


 「草原」 とは書いたが、きっとここは 「畑」 だろうと思われる。 野原一面に咲くタンポポ、 "ビッシリ" 咲いていると言う表現がぴったりするような光景だ。 それにしても随分とたくさんタンポポが鮮やかに咲いたものだ。  林の新緑のトンネルをくぐりながら、こうしたタンポポの咲く野原を歩くのは、実に気持ちのいいものだ。


 タンポポには、多くの種類があるようだが、この見事なタンポポは全て外来種のセイヨウタンポポだ。
 近寄って花を観察してみると、萼片が反り返っているのが確認できる。 セイヨウタンポポは、繁殖力が旺盛で、植生範囲をどんどん拡大しているといわれているが、こんな光景を見ると妙に納得してしまう。


 タンポポはよく見掛けるのだが、私たちの回りにあるのはほとんどがセイヨウタンポポであることがわかる。 日本産のタンポポは萼片が反り返っていないので区別は容易だが、このセイヨウタンポポに押されて、その植生地が随分減ってきているように思える。
 そういえば、自宅近くの犬の散歩コースには、日本タンポポが咲いていたような気がする。 散策中にちょっと注意して顎の反り返っていない日本産のタンポポ探しをしてみたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらでもタンポポは逞しく空き地を埋め尽くしています。
一面に咲くと華やかで、目が覚めるような明るさです。
殺風景な空き地より、華やかに花が咲いていたほうが良いですね。

日本タンポポ、もうほとんど見つけられません。
見つけられると良いですね。
雅♪
2011/05/04 22:17
いまやタンポポは雑草扱い。タンポポはハーブでもあり
薬草として重宝された時代も有るのですね。
私の散歩道の土手にも群生しているタンポポの咲く
場所があります。今はもう大半が綿帽子に種子を
付け来春の楽しみに飛んで行っています。
心を癒されますね・・・。
あいべん
2011/05/05 09:45
雅♪さんへ
タンポポの黄色い花を見ると、やはり“春"を感じます。
西洋タンポポのすごい繁殖力で、一面に咲く光景は見事というほかありません。
しかし、やはり外来種の西洋タンポポに圧倒されている在来種を思うと、
日本タンポポ頑張れと声援を送りたいような気持ちにもなります。
wagtail
URL
2011/05/05 22:03
あいべんさんへ
タンポポヶハーブで、薬草として重宝されていたこと、初めて知りました。
花を咲かせいったん花茎を下り、種子を形成して再び起き上がり、
ひときわ高く花茎を伸ばし、種子を飛ばす、
タンポポにも子孫を残すためのしたたかな生存の工夫がありますよね。
種子が風まかせに目の前を通り過ぎる様は、まさにメルヘンです。
子どもの頃、フッと吹いて種子を飛ばしたことが懐かしい。
wagtail
URL
2011/05/05 22:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タンポポの群生 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる