おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS エゴノキの花

<<   作成日時 : 2011/06/10 23:48   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 5月下旬から6月初旬の梅雨の時期、白い清楚な花を枝いっぱいに咲かせる木がある。 葉の付け根あたりから花茎を伸ばして可憐な白い花を下向きに咲かせるエゴノキだ。 今はほとんど花が散ってしまっているが、満開の時には、梅雨時の雑木林がパッと明るく感じるほどきれいに咲いていた。


  満開時期には、枝全体が白い可憐な花で埋まるほどたくさん咲かせた。 朝の散策に立ち寄ると、初夏の日射しが花にあたり、透き通るような白さが一層増し、下から見上げるととてもきれいだった。 以前エゴノキの実についてはここで取り上げたことがあったが、今回は、どんな花を咲かせるのだろうかと興味を持って継続して見てきた。

5月25日

 棚状に展開した枝の下に無数の小さな白い花をたくさん咲かせる時期もいいが、5月下旬に見付けたこの房状のつぼみの時もツルツルとしていて、見た目がとてもかわいい。

5月28日

 エゴノキの花は白色の清楚なもので、鈴なりに咲かせる花は、中心の雄しべと雌しべの黄色が鮮やかだ。 また、白い花弁と緑色の葉とのコントラストがとても美しく映える。 
 長い花柄があって垂れ下がるので、下から見上げる位置に咲いて、ちょうど見上げた顔の近くに花が見られきれいだ。  木の下に行くと甘いいい香りがし、この芳香に誘われてか、朝からクマバチがやって来てはせっせと蜜を集めていた。

6月2日

 蕾から花の開くのも早かったが、開花から満開になるのもあっと言う間で、実に花期が短く、次々と散り急いでいってしまった。 今、 「散る」 いう表現を使ったが、「散る」 というより 「落ちる」 という表現の方がぴったりかも知れない。 椿の花のように花びらが5枚ついたままの形でポトリと落ちるのだ。 だから、この時期にはエゴノキの下はこの落ちた白い花でいっぱいになり、遠目にも地面が白く見えるほどだ。
 
6月3日

 花が散った後には、たくさんの実をぶら下げる。 昨年、この実が熟した頃ヤマガラを始めとする野鳥たちが次々とやってきて実をついばんでいた。
 果実にはサポニンが含まれて、昔は、たくさんの果実をつぶして洗濯石鹸代わりに用いたり、麻酔効果があるため、果実をすりつぶして川に流し、魚を採るのにも利用したことがあるらしい。
 わたしがこの木に最初に関心を持ったのは、ヤマガラが盛んにこの実を食べに来たのを見掛けたことと、名前が変わっていたことから始まったが、最近、この果実を口にすると、のどを刺激して、エグイ (エゴイ) ため、エゴノキという名がついたといわれているということがようやく分かった。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
人間が果実を口にするとエグイからエゴノキ。
解りやすい解説で覚えやすい。
甘い香りがするのですね。
私は見たことが有るのだろうか?
あいべん
2011/06/11 11:47
エゴの木の花を始めてみた時、釣る下がるように咲いて
不思議な花と思いました。
蕾もつるりとしていて可愛らしい!
蕾から、花、実と見つめることも楽しいですね。
先日一メートルくらいのエゴノキが800円で売られていました。
欲しいな?でも、もう木は植えられない・・・と
諦めていたら、友人がこれ買おう!と買っていきました。
友人宅で眺めることにしました
雅♪
2011/06/11 14:00
あいべんさんへ
この当たりの林縁部ではよく見掛け、
わたしの散策路脇には何本ものエゴノキがあります。
きっと、あいべんさんも見たことがあるんではないでしょうかね。
わたしは最初エゴノキの「エゴ」は、「エゴイスト」の「エゴ」を連想してしまいました。(笑い)
wagtail
URL
2011/06/11 19:02
雅♪さんへ
エゴノキ、どの時期をとっても可愛く魅力的な木だと思います。
花期がもう少し長ければ申し分ないんですが、散り落ちるのが早すぎます。
“友人宅で眺めることに…”正解かもしれませんよ。
我が家の庭も、もう木を植え込むスペースなしです。
今では、自分の年齢と今後の手入れを頭に置き、コンパクトに刈り込むようにしています。
wagtail
URL
2011/06/11 19:09
おはようございます。なぜか、クマバチがこの木には集まってきますね。
確かに、実は多くの鳥の食欲をそそるでしょうね。
私も鳥なら食べに来るかも---。石鹸のように泡が出るので、子供のころ
泡を作って遊んだことがあると、聞いたことがあります。
昔は、どんなことも遊びに結びつけるのですね。
行き当たりばったり
2011/06/12 10:06
行き当たりばったりさんへ
子どもの頃、木の実・花・葉っぱ・木切れ…、
身の回りのあらゆるものを使い、工夫して遊びましたが、
今の子ども達はこうした遊びを知っているのでしょうか?
実・蕾・花とそれぞれに魅力がある木です。
この梅雨時、暗くなりがちな林に明るさを提供してくれます。
wagtail
URL
2011/06/12 15:56
分かりやすく いいお勉強をさせていただきました。

見事なほどの花を付けるのですね。
みかんお花にも似ていますね。
ベニマシコ
2011/06/13 00:58
 ベニマシコさんへ
みかんの花は見たことがなかったので、先ほど調べてみました。
白い5弁の花びらと蕊の様子が本当に似ていました。
もう少し花期が長いと楽しめるのですが…。
wagtail
URL
2011/06/13 17:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
エゴノキの花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる