おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ススキの花

<<   作成日時 : 2011/09/14 16:10   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 きょうも日中の気温は随分上がり、信州でも「真夏日」になった地域もあるようだ。 残暑はまだ厳しい。 それでも朝夕の空気には秋の気配が漂う。 最近は、仕事に出掛けるのに上着を着込む朝さえある。 山野ではトンボが群舞し、ヤマハギの花が咲き、ススキの穂も開き始め、自然界は、秋の訪れを告げている。

秋の訪れを告げるススキ

わたしが毎日歩いている道路沿いにはススキが風に揺れ、もうすっかり秋の風情だ。 澄み切った青空の下、山の斜面に群生するススキがゆっくりと風になびく。 こうして揺れるススキを眺めながら歩く朝の山道も爽やかで気持ちのいいものだ。
めづらしき 君が家なる花すすき  穂に出づる秋の過ぐらく惜しも   (石川朝臣広成・万葉集)

開花するススキ

 ススキに近寄ってよく見ると、すでに開花している穂も見られる。 開花といっても、ススキの花に花びらはない。 黄色いバナナの房のように見えるのは雄しべの 「葯」 といわれる花粉を作るための器官だ。 さらに、紫色のブラシのように見えるのが雌しべだ。 花びらこそないが、なかなか可愛い原始的な花だ。

雄しべ と 雌しべ

 中秋の名月も過ぎた。 最近は、澄み切った青空にはうろこ雲などの秋の雲も随分見られるようになり、空も一層高く感じられるようになってきた。 来週あたりから秋の一大イベントである小学校の運動会も催され、子どもたちの元気な歓声も聞こえ始めるのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
植物のすべてに花があることは当然のことながら、
その花を知らないことって多いです。
wagtailさんのブログで、稲の花、そしてススキの花など
気がつかない小さな花々を楽しませていただいてます。

上高地、もう何年も出かけていません。
懐かしい風景です。
お写真から森林浴させていただいた気分です(^O^)
雅♪
2011/09/15 06:21
雅♪さんへ
ススキもイネも同じ仲間とみえ、似た花のつくりをしています。
こうしてみると最低限必要な器官を備えた原始的な花ですね。

わたしも上高地には、数年ぶりで行ってきました。
時期的には取り立てて見るべきものがない時期でしたが、
かえってそのために観光客が少なく、ゆっくりとできました。
紅葉の時期にでも行ったものならば、バス待ち時間が長く、人でごった返しています。
wagtail
URL
2011/09/15 17:06
おはようございます。まさに秋が凝縮されています。
「雄しべと雌しべ」が驚きです。
まだ残暑が続くようですが、子供たちの歓声が聞こえるようです。
行き当たりばったり
2011/09/16 07:13
行き当たりばったりさんへ
イネの花もきれいですが、ススキの花も魅力的です。
雌しべは、出たばかりの時は真っ白らしいですが、日が経つとこんな色になるようです。
真夏日が続いていますが、この暑い中で、小学生たちは運動会の練習の追い込みに入っているようです。
元気な子ども達ですが、やはり大変でしょうね。
朝夕は随分涼しさが増し、運動会の時期がやってくると、すっかり秋の風情です。
wagtail
URL
2011/09/16 20:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ススキの花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる