おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨中のヒガンバナ

<<   作成日時 : 2011/09/22 06:43   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 台風15号が日本を縦断していった昨日の朝、雨の音で目が覚めた、その日の散策は半ば諦めていた。 しかし、いつもの散策時間になると、今まで降っていた雨が嘘のようにピタリと止んだ。 まるで “嵐の前の静けさ” のようだ。 いつまた降り出すか分からないので、その日は野鳥撮影は止めにして、数日前から咲き出した彼岸花を見に行くことにした。


 濡れた雑草道を歩くので、足下が濡れないように気を遣いながら、雑木林と畑が隣接した草道をしばらく歩くと、薄暗い周囲の風景の中に彩りを添えるように、彼岸花の赤い色がぼんやりと見え始めた。
 ここは、時々土手がビーバー(草刈り機)で除草されるので、彼岸花も一緒に刈り取られるのではないかと気をもむのだが、農家の方も心得ているのか、今年もこうして花を咲かせてくれた。


 先ほどまでの雨で草木は全て滴を宿している。 もちろん日は差してこないが、周囲の明るさを反射させるのか、雨の滴が遠慮がちに輝いて見える。 手持ち撮影なのでブレたのだろう、折角の彼岸花には申し訳ない写りだ。
 足下が濡れないように気をつけていたが、やはり撮影している内にズボンの裾を随分濡らしてしまった。 職場に戻り、仕事を始めた頃には再び雨が降り出し、夜までずっとたくさんの雨が降り続いた。


 台風15号は、当初の予報では本州を縦断し、長野県直撃かと思われたが、予想より北東方向に進路がずれたため、多くの方にご心配をいただいたが、わたしの町では普段より多少雨が多く降った程度で風も気になるほどは吹かず事なきを得た。
 しかし、他地域には多大な災害を残しながら、浜松に上陸し、都心部・東日本の被災地を縦断していった。 各地被災地の大変な豪雨と土砂災害の惨状に心が痛む。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は(^^)
彼岸花京都も少し遅れて咲き始めました。
今年は残暑の影響で例年より遅い開花
でした。

背景落とし綺麗に彼岸花を表現されていますね。
雨上がりの雰囲気も十分で、色彩も落ち着き
優しい彼岸花の表現素敵ですね。
あいべん
2011/09/24 16:19
雨滴が付いて見事な彼岸花ですね。
我が家の庭にも咲いていました。
昔はいっぱい庭に咲いていましたが、家を建て地面を掘り返してからは
見られなくなっていたのに、クチナシの木の間から顔を覗かせたり、台風に倒されて横になっても未だ元気に咲いています。
不思議な花ですね。
ベニマシコ
2011/09/25 09:04
あいべんさんへ
この彼岸花もそうですが、あちらこちらのあぜ道に彼岸花が咲き始めました。
こうして、彼岸花が咲き始めると、「ああ、秋が来たなぁ」と
秋の訪れを実感することができます。
そして、この花が咲いている間は、ついつい、
この土手を通る散策コースを選択して歩く日が多くなるのです。
wagtail
URL
2011/09/26 22:51
 ベニマシコさんへ
他の植物が枯れる頃に葉を出し、太陽を独り占めし、
球根に養分をしっかりと蓄え、
この時期、花茎だけを伸ばして花を咲かせる。
したたかな生き方の花…。
この花を忌み嫌う方もいますが、形といい、生育の仕方といい、
不思議な魅力を感じさせる花だと、わたしも思います。
この花が咲いている間、しばらくは用水路脇の
この土手道を通る散策が続きます。
wagtail
URL
2011/09/26 22:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雨中のヒガンバナ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる