おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦し紛れの シロヤマブキの再掲載

<<   作成日時 : 2012/01/25 12:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 このブログは月・水・金曜日の週3回をめどに更新している。 しかし、先日の月曜日、とうとう記事を掲載することなく過ぎてしまった。 このブログは始まってから5年目を迎えているが、これだけ年数が重なってくると、掲載する内容がだんだん狭められてくるものだ。


 先日は、掲載し忘れたのではなく、ネタ切れでギブアップしたのだ。 まさか二回連続で未掲載にする訳にも行かない。 このブログは、できるだけ身の回りの自然を対象にした事柄を 「画像」 と 「コメント」 で構成して掲載するように努めてきた。
 コメントだけでよければ書く内容もたくさんあろうが、それに写真を添えるとなると、話はまた違ってくるものだ。 先日は、とうとう手持ちの在庫も尽き果てたというのが実情だった。 それに加え、自分自身の自然に対する感性が低下の一途をたどり始め、興味が薄れ感動が少なくなって来ているのも事実だが…。


 とにかく繋がなければという一念で朝の散策に野鳥撮影用のカメラの他に、風景等を撮るカメラも携えて出掛けた。 そんな時、歩いていたわたしの目に付いたのがたわわに黒い実を付けたこの 「シロヤマブキ」 だった。 サイト内検索をすると分かるのだが、シロヤマブキ関連の記事は実に10回を越えて扱っているが、苦し紛れに再登場願った。
 地域によっては乱獲が心配されているところもあるようだが、ここに限ってはちょっと見回しただけでもかなりの数の実が確認できるので、多分大丈夫だろう。


 花も良し、実も良しの野生のシロヤマブキ、今年の春もきっとこの土手に白い花をたくさん咲かせるに違いない。 いつまでも絶えることがないように大事にしていきたいものだ。 ことによるとこの実をここで見られるのも今シーズン限り、たくさん咲くであろう花を見ることはかなわないだろうという思いもあり、金属的な黒光りで目を引く実を撮影した。


 ことによったら、ここでのシロヤマブキの撮影はこれが最後で、間もなく訪れるであろう春からは毎日散策しているフィールドを他の場所に移すことになるだろう。
 次のフィールドではどんな自然が見られるのだろうか…。 兎にも角にも再びこのようなネタ切れ現象を起こさないよう、体調管理に留意しながら自然散策の楽しみをつなげていきたいものだ。 とりあえず 「おりふしの記」 開始5周年記念の日を迎えるまでは…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年一番の寒波とかで 信州は勿論 北陸 東北など
大変な積雪 連日報道されお察しして居ります
そちらはいかが?ですか。
この記事でのことは掲載更新時期などご自分の心づもりで
更新計画されているのでしょうが、・・・・
あまり無理されないように。その為のマイページなのですから。
マイページがマイペースにが基本になれますように
わが身に振り返ってそう思います。
体調&意欲 またまた 好奇心などなど 私もいくらか
経験して居ります。お互い気長にいきましょうや!
<シロヤマブキの再掲載>もうこれで充分です。
有難うございます。
山帽子
2012/01/26 08:42
山帽子さんへ
心のこもった、温かいコメント、ありがとうございました。
繰り返し、読ませていただきました。
そうでした、“マイページ・マイペース”ですよね。
自分自身の原点に立ちかえることを忘れていました。
苦しんでいたら、本末転倒ですよね。
楽しんでやらないと…。
きょうのアップは、まさに、たわいのないことを楽しんで書きました。
ずいぶん気持ちが楽になりました。

県北部は大変な雪のようですが、わたしの町は雪の少ない所です。
冷え込みこそ厳しいですが、散策をする元気だけは衰えません。
降らない限りは日に二回元気に歩いています。
wagtail
URL
2012/01/27 17:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
苦し紛れの シロヤマブキの再掲載 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる