おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっぴり春めいて…

<<   作成日時 : 2012/02/27 21:50   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 ついこの間まで、連日厳しい冷え込みの朝を迎えていたのだが、先週中頃から随分高めの気温で推移した。 厚い氷で覆われていた我が家のミニミニ鑑賞池の氷もすっかり解け去り、泳いでいる金魚の姿も確認できるようになった。

水 仙

 花壇を覗いてみると、水仙がようやく2p程緑の芽を地面から伸ばしている。 以前黒土から頭の先だけを覗かせていた福寿草も、これまた2p程背丈を伸ばし、葉の形が確認できる程に生長した。
 もちろん、花を咲かせるのはまだまだ先になりそうだが、春遅い信州でもこうして、かすかに春の足音が感じられるようになってきた。
福 寿 草

 県の南部地方では梅が咲き福寿草の花もほころび始めたという花便りが聞こえてきている。 もうしばらく冷え込みの朝は続くだろうが、嬉しい待ちかねた春の訪れは近い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
信州地方も 南北ではかなり 気候も違うのですね。
九州も南北差は4〜5℃位は有にあります。
南部の宮崎では青天率が日本でも最高だそうで暖かく 野球のキャンプ地ですからね。逆に 北部九州は完全に日本海側特有の気候。雪は余り降らないけど
山陰 北陸に似たような 気候で連日曇天です。
それでも やはり春の足音は着実に聞こえてきました、
水仙はほとんど終盤 これから菜の花 など鮮やかな色合いの
花が多くなってきています。
山帽子
2012/02/28 10:00
小さな日本なのに、植物の成長を見ると少し離れているだけなのに
違うのですね。
これからが楽しみですね。
雪景色も楽しめて、少しずつ季節が動いていくのが分かるなんて
季節感をしっかり味わえて最高ですね。
福寿草も育てているんですね。
ベニマシコ
2012/02/28 21:27
 山帽子さんへ
信州の気候は、内陸性気候で、標高も高めのところが多いため、
寒暖の差が大きいような気がします。
わたしの生活している町は、降水(雪)量がとても少ない地域ですので、
こと雪という面においては、ずいぶん楽をしています。
南北に長い県ですので、季節の動きにはずいぶんさがあります。
隣接しているどの県より春の訪れが遅いようにも思いますが、
春が遅い分いったん春になるとすぐ夏といった感じでしょうか…。
皆さんの花便りをいつも楽しみに拝見させていただいています。
wagtail
URL
2012/02/29 17:11
ベニマシコさんへ
福寿草は、ほとんど手を入れませんが、毎年花を咲かせてくれます。
寒さ厳しい信州ですが、それだけに、春を呼ぶ動植物の変化は楽しみで、
春の訪れを待つ気持ちが強くなります。
明日から3月、もうしばらくの辛抱で、春の訪れが実感できるようになるでしょう…。
wagtail
URL
2012/02/29 17:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょっぴり春めいて… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる