おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく咲いた 一輪の梅

<<   作成日時 : 2012/03/16 20:03   >>

トラックバック 0 / コメント 8

 毎日散策しているフィールドのある畑の片隅に一本の梅の木がある。 全く手入れがされず、もう何年も放置されたままの梅の木だ。 ここ数年間、この梅の木が散策しているフィールド内では一番早く花を咲かせていた。


 ここ数日、陽射しが強くなり春めいたかと思うと、翌日は雪が降る日があるなど、春と冬が入れ替わり立ち替わりやって来るような感じであった。 それでも、前述のように我が家の福寿草が咲き、水仙が芽を伸ばすなど、わずかずつではあるが確実に春に向かって季節が動いていた。
 今朝、冒頭で触れた放置状態の梅の木が、ようやく一輪の花輪開花させた。 花は1p程の小さな白梅だ。 他のたくさん付いている蕾も大きく膨らみ、白い花びらがのぞいている蕾もたくさん見られる。
 

 この梅の木は、誰も気にするような存在ではないが、こうしてたとえわずか一輪でも花を付けると、春を感じることができ、嬉しいものだ。 やがて、ビッシリ付けた蕾が一斉に開花し、賑やかになるのも近いだろう。 春遅い信州にも春がやってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。ご無沙汰しております。
梅の花は、春を教えてくれますね。たとえ小さなお花ひとつでもうれしいものです。3月も半ばを過ぎ、お彼岸ももうすぐ--。寒い地域にも春が--ですね。
行き当たりばったり
2012/03/16 22:06
信州もようやく 春の動きがありましたね。
私も 先月はじめごろ 今か今かと梅の開花を
見つけ廻ったことが懐かしく思い出されます、
例え一輪でも 確かな小春ですもんね。
我社の(北海道出身)人に聞いたこと有りました。
寒い地方の人々は 春を待つ心境は特別な思いがあると。
山帽子
2012/03/17 07:54
暑さ寒さも彼岸まで・・・とは言いますが、
こちらではまだまだ寒い日々です。今朝も氷点下一度でした。
わき道には雪も残り、林床はまだ深い雪に覆われ
花たちは当分雪の下です。

綺麗に咲いた梅の花、香りがしてきそうですね。
wagtailさんのお住まいの場所から
春がここまでくるのに後半月はかかります。
待ちわびます。


雅♪
2012/03/17 23:29
行き当たりばったりさんへ
本当に、「ようやく…。」といった心境です。
待ちに待った開花だけに、たとえ一輪でも、春を感じさせてくれます。
福島の春は、いかがなんでしょうかねぇ。
いつもと違った感慨を持って、春を迎えられるのでしょうか…。
wagtail
2012/03/18 09:11
山帽子さんへ
散策していると小さな春の訪れを探している自分に、時々気づきます。
北海道の方と同じように、無意識のうちに春を待ち焦がれているのでしょうね。
いつも、皆さんの早い花便りを目にしながら、短い信州の春を待つのは、毎年のこととなりました。
今年は、例年より少し遅れ気味の春になりそうです。
wagtail
2012/03/18 09:15
雅♪さんへ
最近は、零度を下回ることもまれとなり、
出勤前に凍ったフロントガラスを溶かす暖機運転の必要もなくなりました。
小さな小さな春ですが、梅の一輪の開花を見付けて、嬉しい気持ちになりました。
こちらとは、半月も春の訪れがずり込むんですね。
気温の低さは承知していたつもりですが、予想以上の違いで、びっくりです。

千曲市の節分草は、過日の降雪で、花は咲いているものの雪の下のようです。
年度末に溜めどりしてある休日を利用し、
雪が溶けたころを見計らって、節分草の群生地で春を感じてきたいと思っています。
wagtail
2012/03/18 09:25
お久しぶりです。
寒く長い冬でしたね。
本当に ゆっくりと少しずつ春が近づいてきました。
周囲の山はまだ沢山の雪をかぶっているのでしょう。
それでも 梅が一輪・・一輪ほどの暖かさでしょうが 咲いたのを見ると嬉しいですね。 こちらも梅の開花はとっても遅かったです。
こんなに春が待ち遠しいことはないですね。
でも もう少しです。
しおん
2012/03/18 19:45
しおんさんへ
しおんさん、お久しぶりです。
寒さが厳しく、県北部に記録的な雪をもたらした冬が去り、
ようやく春の兆しが、そこかしこで見られるようになりました。
たとえ一輪の梅の開花でも、春を心待ちにしていたわたしにとっては嬉しいものです。
庭の福寿草が一斉に咲き競い、水仙の芽も一気に5p程に伸びました。
実は、今朝はうっすらと雪が地面を覆った朝を迎えました。
しかし、これからは、足下で小さな春が次々と見つかっていくものと思います。
wagtail
2012/03/19 12:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ようやく咲いた 一輪の梅 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる