おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 初めて訪問したカタクリ群生地

<<   作成日時 : 2012/04/18 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 もう40年程も昔のことだったろうか、長野市の旭山入り口にカタクリの花が咲いていたのを覚えている。 ところが、昨日と今日、テレビと新聞で 「長野市新諏訪町のカタクリがきれいに咲いている。」 という報道がされた。


 報道されカタクリ群生地は、長野市の旭山北側ふもと(里島発電所のすぐ側)だという。 テレビの映像で見るとかなりの群生地だったので、さっそく行ってみた。 どうやら自分の記憶に残っていた場所のようだ。 数台駐められる程度の発電所の駐車場に運良く車を駐められたが、カタクリの群生地は、そこから歩いて数分の場所だった。
 近くの加茂小学校の児童会を中心に15年を超える保護活動を続けてきて、この素晴らしい群生地になったと聞く。 広さは200坪くらいあるのだろうか? これだけの群生地を見るのは久しぶりだ。


 すでにどのカタクリの株も完全に開き切っており、見頃はちょっと過ぎている感じだった。 帰りにすれ違った年配の男性が、「先週はこんなものではなかったよ。 もっとずっときれいで、見事だったよ。」 と連れの人に話している声が聞こえてきた。
 群生地はロープが張られ保護されてはいるが、斜面一面に紫の花が咲いている景色は見事という他はない。 最盛期の先週は、さらに見事な光景が広がっていたというのだ。 そんな一番の見頃である最盛期にもう一度訪れてみたいものだ。
  

 観察路には置かれた木漏れ日が差し込むベンチに腰掛け、おにぎりを頬張っている若い女性がいたが、こんな景色を目の前にしていただくおにぎりの味は格別だろう。
 またおもしろかったのは、うつむいて咲くカタクリの花を見るために “手鏡” が観察路脇に置いてあったのもおもしろかった。 手鏡に映るカタクリの世界もまた趣深い。
 来年の最盛期、是非再訪してみたい。 こんなに近くにこれほどの広さと見事さを誇る群生地があったのだから…。


カタクリ群生地を HP「四季彩記」の「春を告げる・カタクリの花」をアップしました。 よろしかったら、お立ち寄りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ぼつぼつカタクリで有名な津金寺に出かけたいと
思っていました。
それにしましてもこれだけ咲いていたら素晴らしい!!
カタクリが一面に咲いている風景を想像しています。
まだ美しかった時があるんですね。
花の盛りは一瞬ですね。手鏡とは・・・
私も手鏡持参して良く見てきましょう。
雅♪
2012/04/18 23:15
 雅♪さんへ
今までは、わたしもカタクリは津金寺に見に行っていました。
今年は新聞でこの新諏訪町の群生地を知り、子ども達が保護活動に関わっていましたので一層気持ちがひかれ、初めて行ってみました。
見頃はちょっと過ぎた感じでしたが、来年も…、と思わせる群生地でした。
撮影は身を低く構えないといけませんが、手鏡はヒットですよね。
おもしろかったので、写真はわざと逆さに写してみました。
wagtail
2012/04/19 20:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初めて訪問したカタクリ群生地 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる