おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 毛虫の季節

<<   作成日時 : 2012/05/25 14:48   >>

トラックバック 0 / コメント 4

<毛虫の画像注意!!>

 5月下旬になり、野山を歩くと道端でこんな光景をよく目にするようになる。 植物の葉を食べるのならば、他の場所にとりつけば良さそうなものだが、やたら渡航した植物の先端近くでたくさんの毛虫を見掛けるのだ。 まさに “毛虫の季節” そのものといった感じだ。




 実際はもっとグロテスクに見え、掲載も躊躇するほどだが、できるだけそんな雰囲気が少なくなるよう努めて撮影してみた。 それでもこんな毛虫が、行く道々何匹も草の先端に取り付いていると、余りいい気分のものではない。

 よく晴れた日など、この毛むくじゃらの毛虫が舗装道路を大人の小指くらいの体を巧みに動かしながら、移動している姿をよく見掛ける。 この時期だったら、ちょっと山道に入るとひたひたと急ぐ姿を見かけることが多い。 赤茶色の長い柔毛に覆われており、まさに 「けむし」 そのものといった雰囲気だ。 アスファルト上を移動している写真も撮ったが、どうも余りにも毛虫そのものといった感じで、掲載を断念した。

 何はともあれ、こうしてアスファルト道路をたくさんの毛虫が移動していると、あえなく車にひかれたり踏みつぶされたりし、惨めな最期を遂げた毛虫の亡骸もたくさん見る。 中には、下の写真のように運悪く野鳥に見付けられ食べられてしまう毛虫もある。

毛虫を食べるムクドリ

 毛虫の種類をサイトで調べてみると、どうやら 「クマケムシ」 ではないかと思われる。 「クマケムシ」 は 「ヒトリガ」 の幼虫で、わたしの散歩道は舗装された山道だが、人家の庭や公園などでも比較的よく見かけるので、要注意だ。
 種類は違うが、時には木の枝から糸を垂らしてぶら下がっている毛虫類がいて、歩いて行くと顔の近くまで来て初めて気づき、毛虫嫌いのわたしはあわてて顔を横に振り難を逃れることさえある。
 自然好きのわたしではあるが、どうしてもお気に召さない生き物も沢山いることは隠しようもない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
始めて拝見させていただきました。
お気に入りに入れさせていただきます。
楽しみに見させていただきます。
紙屋
2012/05/26 22:19
 紙屋さんへ
紙屋さん、初めまして。
「おりふしの記」への訪問をいただき、ありがとうございます。
また、「お気に入り」にまで入れていただき、
関心を寄せていただいたこと、本当に嬉しい限りです。
これからもよろしくお願い致します。
wagtail
URL
2012/05/27 16:35
今晩は。ケムシに罪はないのですが--ね。
見かけで損をしています。それなりの意味意義があるのでしょうけれど--。
コレも食物連鎖の中に入っているのですね。
私は--、嫌いではありません(笑)
行き当たりばったり
2012/05/27 19:18
行き当たりばったりさんへ
確かに、見かけの悪さにより嫌われているんでしょうね。
そう言えば、成虫もそうでしょうか…。
蝶は好かれることが多いですが、蛾は嫌われやすいですものねぇ。
ムクドリは、よくこの毛虫を食べているようで、時々こうして呑み込んでいる姿を見掛けます。
wagtail
URL
2012/05/27 22:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
毛虫の季節 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる