おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 危ない訪問者

<<   作成日時 : 2012/06/01 15:19   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 夏を思わせるような強い陽射しが降り注ぎ、庭の花々の芳香が漂う。 そんな陽気に誘われるように様々な昆虫が花を訪れ飛び交っている。 突然大きな羽音と共に体も大きめの昆虫がドウダンツツジに飛んできた。 大きな蜂が顔をかすめて飛んでいったのだ。


 腹部は、わたしの小指くらいの太さがある大きな蜂だ。 蜂のことはよく分からないが、これはスズメバチではないだろうか…。 次々と花を変えては、ラッパ状のドウダンツツジの花の中に頭部を突っ込んでいく。 蜂も蜜を吸うのだろうか? そう言えば、夏、カブトムシなどを探しに林に入ると、甲虫や蝶と一緒にスズメバチも樹液をなめていたのを思い出した。 樹液をなめていたのだから、肉食性のスズメバチにとっても、花の蜜は美味しいものであっても何の不思議もないだろう。 

 

 スズメバチは舌が短いため,蜜腺が露出しているような花でないとうまく蜜が吸えないそうだが、こうして頭部を花の中に深く入れているのはそのせいだろうか。 蜜をなめている間は比較的動きも少なく静かなので、多少安心して蜂にカメラを向け撮影できるが、いったん飛び立つと、いつどこにやってくるか分からない上、羽音も随分大きいので、それだけで恐怖を感じて、こちらも緊張してしまう。


  花に留まっている写真に比べ、飛翔中の蜂にはピントがいっていない。 これは、わたしの撮影技術の未熟さもあるが、蜂に刺されはしないかという恐怖心の表れでもあるのだ。 下のようなお客さんなら、安心しきって大接近できるのだが…。
 「君子危うきに近寄らず」 なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
蜂、蛇、熊だけは 本当に嫌ですね。

写真は 見事に捉えましたね。(空中を飛ぶ蜂)
これからは、昆虫の季節ですね。
楽しみです。((o(^-^)o))ワクワク
ベニマシコ
2012/06/03 21:14
 ベニマシコさんへ
花に留まろうとする蜂を狙ってみました。
何とかファインダーの中には入れられましたが、
やはりピントは花にいっています。
動いているものに手動でピント合わせするのは、まだまだ修行が必要です。
怖い相手でしたので、余り近づけませんし…。
wagtail
URL
2012/06/04 09:16
今晩は。なかなか撮れない写真ですね。怖がらないのがコツなのでしょうが、そうはいきませんね。でも素晴らしい写真です。
我が家の庭には大小数個の鉢の巣があります。どこにあるか分からないときは怖がることすらできませんでした。が、今は---注意しています(笑)
行き当たりばったり
2012/06/07 22:21
 行き当たりばったりさんへ
溜ピンになりますので、うまくいきませんでした。
心の中には多少の恐怖心もありますし…。
毎年庭の生け垣の剪定をしています。
今年も剪定していると、蜂の巣がありました。
構わず剪定するのですが、過去複数回蜂の洗礼を受けています。
小さい蜂ですので、事なきを得ているのですが…。
wagtail
URL
2012/06/08 19:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
危ない訪問者 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる