おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS リンゴの摘果作業

<<   作成日時 : 2012/07/30 23:36   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 7月中旬頃から今頃の時期にりんご園を見ると、地面にリンゴの実がたくさん転がっているのを見ることがある。 実はこのリンゴの実は、最近の豪雨や台風被害で落ちたものではなく、農家の方の手によって意図的に摘果されたものなのだ。

摘果されたリンゴ

 摘果は大きく良いりんごを実らせるための重要な作業のひとつで、株の中心の大きい実を残すことを基本に、丈夫で形がよく、軸の太い実を残し、他は摘み取られる。
 調べてみると、摘果には、 「荒摘果」 「仕上げ摘果」 があるようだ。  春に行っていた摘果は、「荒摘果」 で、中心の大きい実を残し、他の実を摘んでいた。

 「荒摘果」 の後に残った実はさらに選別され、弱い実や傷んでいる実が落とされる。 最近行われていた摘果は、この 「仕上げ摘果」 だと思われる。 こうして残されたリンゴが今、少しずつ大きくなり、下の写真のような赤ん坊の握り拳くらいのリンゴに生長している。
 こうして、良いりんごを多く収穫するために、生産者の方々はずっと気を抜かずに作業を続けているのだ。

 
リンゴの実

 話がちょっとずれるが、今までこのブログで私の住んでいる町の農産物である薔薇・葡萄・リンゴについて触れることが多かった。 これらは私の町で栽培が盛んな町の特産物と言っていいだろう。
 今まで気が付かずにいたが、道路に敷設されている下水道の鉄蓋を見て、この三種類の農産物が下水道蓋に描かれていることに気が付いた。 蓋の中心の円内にリンゴと葡萄、そしてそれを取り巻くように薔薇の花が描かれているのが分かると思う。 毎日踏みしめて歩いていたのに今ごろ気付くとは…。 ちなみに、庭の下水道蓋にも同じ絵が描かれていた。 
 
下水道の蓋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。リンゴは特産品ですね。同じ感慨があります。愛情注いで育て上げたリンゴ。ぜひ多くの人に味わってほしいものです。
長野のリンゴ、青森産と一緒に、超有名ですね。
行き当たりばったり
2012/07/31 23:10
下水道蓋ってその土地をアピールするようなものが描かれている事が多いですね。
そちらは、スイスのように軒先にお花を綺麗に植え、飾られている家が多いですね。
以前にそちらの方の宿に泊まった時に、宿の方もそのようなことを言っておられました。

家も前を通るのが楽しくなりそうですね。

美味しいりんごも今に収穫ですね。
楽しみです。
ベニマシコ
2012/08/01 05:09
 行き当たりばったりさんへ
りんごは、元来雨が少ない寒い地方に適している果物ですが、
日本列島で最も南の栽培地は、長野県のようです。
そして、長野県のりんご生産は、青森県に次いで全国2番目となっています。
わが家の周囲には、ぶどう畑とリンゴ畑がたくさんありますが、
シーズンには、毎日リンゴが食べて、その美味しさを味わっています。
wagtail
URL
2012/08/03 13:09
 ベニマシコさんへ
それぞれのお宅で庭造りが工夫されており、よそのお宅の庭を拝見するのが楽しみです。
しかし、花のある庭は、今まで余り意識してみたことがありませんでした。
下水蓋の絵模様は、今までうかつに見過ごしていました。
三種の図案を見て、ようやく「なるほど…。」と思った次第です。
秋を迎えると、またリンゴを口にできる季節がやってきます。
食後のデザートには最高です。
wagtail
URL
2012/08/03 13:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リンゴの摘果作業 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる