おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 葡萄棚にぶら下がる緑の葡萄

<<   作成日時 : 2012/07/06 18:13   >>

トラックバック 0 / コメント 6

 きょうはどんよりとした曇り空で、今にも雨が落ちてきそうな気配だったが、とうとう昼頃から雨模様となった。 朝の犬の散歩でぶどう畑の脇を通った時、葡萄棚いっぱいにぶら下がっていた葡萄の房がとても印象的だった。


 その時は、近くのぶどう畑で農家の方が袋かけの作業をしていたので、後でもう一度来ようと思いながら通り過ごした。 ところがこの雨模様、雨がやむのを待っていたがやむ気配がない。 夕方近くなったので、小雨になった時を見計らってこうもり傘をさして暗くなる前に出掛けた。
 見渡す棚の向こうまで、何十、何百という緑色の葡萄の房がぶら下がる様は、本当に魅力的な光景だ。 黒紫に熟した葡萄もいいが、こうして雨露に濡れたまだ若い緑色の葡萄もまた趣がありいいものだ。 帰宅してしばらくすると、除草用の車が上がっていく音が聞こえてきた。


 ぶどう畑から、車の動く音がしてくる。 この雨降りの中、カッパを着て除草用の小型車を操縦し葡萄棚の下の除草をしているのだ。 そう言えば、今朝は、まだ就寝中の早朝4時半頃、葡萄を消毒する大きな機械音で目が覚めた。 朝から夕方まで、こうして雨をいとわず仕事をする葡萄栽培の方のご苦労がしのばれる。 わが家の周囲にはぶどう畑が多いので、こうした葡萄栽培には、多くの手がかかっている様子がよく分かる。 手間がかかり苦労が多いのは、何を栽培するのも同じかも知れないが…。


 これは巨峰のぶどう畑だが、今年の巨峰のなりはどうなのだろうか。 多分この巨峰も数日中には袋がけが始まるものと思われる。 袋がけがされると、ぶどう畑の光景もまた一変して、違った雰囲気の光景が広がるのだ。
 相変わらず、除草する軽快な音と、静かに降り続く雨音が途切れない。 周囲がチョッピリ明るさを増し、雨脚が大分弱まってきた。 間もなく半日降り続いた雨も上がりそうだ。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
巨峰畑見事ですね。
葡萄の写真、特に最後の写真素敵です。
大きな実をいっぱいつけて、粒も揃っていますね。
今年も東御市まで巨峰を買いに行く予定です♪
大きな被害に遭わないで、無事に実って欲しいですね。
今年は林檎の収穫できないこと、思い出して
寂しくなりました。

雅♪
2012/07/09 00:11
雅♪ さんへ
散策路の周囲は、ぶどう畑とリンゴ畑が広がっています。
自宅近くのこのぶどう畑の棚には、鈴なりの青い葡萄がぶら下がり、それはきれいです。
緑の房も、日ごとに白い袋が架けられ、景観が変わっていきます。
リンゴのオーナーさんを経験された雅♪さんですから、
こうした果物を栽培するご苦労がよくお分かりのことと思います。
wagtail
URL
2012/07/10 16:23
植物を栽培するのは、本当に見えざる苦労や手間が掛かりますね。

野菜作りをしてみて 本当に つくづく思います。

買い手は もっと安く・・・と思うかもしれないが
やっぱり手間暇かかっているのだから・・・
作り手にすれば もっと高くしても・・・
皆さんに喜んでいただく為に 出血サービスって思う気持ちが 分かります。
ベニマシコ
2012/07/11 00:10
おはようございます。ものすごい数のブドウの房ですね。
この色が、いかにも甘い汁をたっぷりと作ることを示しているようです。
雨にぬれたブドウ粒もいいものですね。
行き当たりばったり
2012/07/11 07:39
 ベニマシコ さんへ
わたしは、野菜作り1年生ですので、
何事も経験と、楽しみながら野菜作りをしています。
しかし、これが本業となったら、そうはいかないでしょうね。
ベニマシコさんのおっしゃるとおりでしょうね。
wagtail
URL
2012/07/11 17:34
行き当たりばったりさんへ
一面緑の葉の中に、緑の葡萄の房がぶら下がる…、素敵な光景です。
雨に洗われた葡萄の粒が、また一団と美しかったです。
この葡萄も、きょうはすでに袋がけがされていました。
wagtail
URL
2012/07/11 17:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
葡萄棚にぶら下がる緑の葡萄 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる