おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 信濃国分寺の蓮池

<<   作成日時 : 2012/07/25 22:01   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 上田市にある信濃国分寺は、毎年1月7・8日に行われる縁日は八日堂と呼ばれ親しまれており、蘇民将来符とよばれる護符や、ダルマなどの縁起物を買い求める参拝客で賑わう。




 境内には薬師如来を安置した本堂をはじめ、三重塔・大黒天堂・鐘楼・観音堂・地蔵堂・宝蔵などの堂塔伽藍があり、特に和唐折衷様式の三重塔は国の重要文化財となっている。
 さらにここ数年前から、夏のハスなど四季折々の花が楽しめるようになってきた。


 始めは、いつも行っている千曲市の大雲寺の蓮池に行くつもりであったが、ここ信濃国分寺の蓮が見頃を迎えているという新聞記事が目に入ったので、今年は、初めて信濃国分寺の蓮を見に行ってみた。

  信濃国分寺隣接の休耕田を利用した広大な蓮池は、地元自治会の人々や関係者の努力で見事に開花したのがきっかけで、地元住民有志 「蓮の花を育てる会」 が設立され、ハスの手入れや遊歩道の整備を日々行っているという。
 



 本堂の北側にでてみると、車椅子でも鑑賞が出来るほどに木道などが整備がされていおり、車いすに乗った施設の年配者を始めとして、何人もの方々が満開を迎えた蓮の花を間近に見て感嘆の声を上げたり、あちらこちらで蓮の花をバックに写真を撮ったりしていた。




 今回は、出掛けた時間がやや遅く、見頃のピークが過ぎた感じではあったが、見事に咲いた鮮やかな蓮の花を楽しむことができた。 次には、見頃の早朝是非また訪れてみたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。建物とお花のコントラスト、見事です。画面いっぱいに花があふれるようで臨場感がありますね。
早朝でなくても、見ごたえのあるお花です。
行き当たりばったり
2012/07/26 07:30
 行き当たりばったりさんへ
蓮の花を見る時には、いつも人のほとんどいない早朝に出掛けました。
花の状態も、もちろん一番いい時ですが、
爽やかで幽玄な雰囲気を味わうことができるからです。
初めて行ってみましたが、建物と花の織りなす風景が気に入りました。
次に行く時には、朝早くに行ってみたいと思います。
wagtail
URL
2012/07/27 10:08
蓮の花を見られたのですね。

私は いつもの蓮田に行ったのですが、もう田を管理する人もいないようで
荒れ放題。
花の蔭すら見られませんでした。

ここで 今年は楽しませていただきます。
見事ですね。
ベニマシコ
2012/07/27 12:55
ベニマシコさんへ
いつもは大雲寺というお寺の蓮池に行くのですが、
今年は初めて信濃国分寺に行ってみました。
ここは数年前に蓮の植え付け整備が行われた所で、
今では近くの保育園児により、体験作業の一貫として蓮の増植をしているようです。
随分整備が進んでおり、これからが楽しみな蓮池です。
wagtail
URL
2012/07/30 16:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
信濃国分寺の蓮池 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる