おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 草が生い茂る空き地に…

<<   作成日時 : 2012/08/27 18:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 わが家の南に接している土地は、ある方が家を建てる予定で購入されたものだが、訳あってそれが未だかなわず放置されたままになっている。 数年前までは、多少管理もされていたようだが、今では、荒れ放題の荒れ地化してしまっている。

草が生い茂る空き地

 毎年春から秋にかけて草が生い茂り、手を入れないと2mを超えるような状況にまで、草が伸び放題となる。 こんな状況が我が家の庭にまで影響してはまずいと思い、このところ勝手に生け垣から2〜3mは草刈りをしたり、除草剤をまいたりして、きれいに整備するよう努めている。
< 注意 !!! この下にヘビの写真あり! >

 今年は、3mほどにも及ぶ草がはびこり、やぶせったくて仕方ないので、きょうはその草を刈り倒した。 目の前の大きな草がなくなり、視界が大きく開け、明るい雰囲気になった。

 作業を終え、スッキリした境界付近の除草された地面を見ると…。 何と作業中は全く気が付かなかったが、ヘビが横たわっているではないか。 長さは15〜20pほどで余り大きくなく、すでに死んでいるヘビだったので、全く気が付かなかったのだ。 ところがである、近寄ってその模様を見ると、毒まむしの特徴である銭形班模様のようだ。 他のヘビはどうでもいいのだが、毒があると言われているこのマムシとヤマカカシだけはしっかり判別できるようにしておきたい。 誰もが知っておかないといけないヘビだ。 これを見て嫌悪感を覚える方もいるかも知れないが、上記のような思いから敢えて掲載することにした。
 赤褐色で、丸い大きな斑紋が体の左右に1列ずつ並び、 その斑紋の中心に暗色の点がある。 この特徴をしっかり頭にたたき込んでおこう。 ( わたしは、下のヘビは、マムシだろうと判断しましたが、いかがでしょうか? )

マムシと思われるヘビの死骸

 ところで、私たちはマムシと言えば非常に恐れている毒ヘビだが、私たちがマムシを恐れる以上に、マムシは人間をもっと恐れているのではないだろうか。 聞くところによると、マムシに噛まれて死ぬ人は、ハチに刺されて死ぬ人よりも遙かに少ないという。 マムシの生活圏に勝手に人間が踏み込んで、それで、野生生物から攻撃を受けてしまったのならば、それはある意味では仕方のないことだという考え方もできるのではないか。
 
 マムシに限らず、野生生物の特性や性格、活動時間、行動などを正しく理解して、私たちが望まない野生動物と遭遇しないように心掛けることも大切だろう。 そうすることにより、運悪く遭遇してしまったとしても、そんな時には冷静に対応できる可能性も出てこよう。 自然好きで、野生動物との接点を多く持ちがちな自分にとっては、非常に大切なことだと思っている。
 まずは今回のことにより、隣地の荒れ放題の空き地にはマムシが潜んでいるかも知れないという情報が得られただけでも、これからここで作業をする時には注意を払う必要があることが分かったのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私は、草刈りをしていて、始めて
キイロスズメバチに刺されました。
すぐ、病院に行きましたので、
大事に至りませんでした。
今年は、乾いているので、思いもよらぬ所に
巣を造っているのだそうです。
今は、蜂用の殺虫剤を持ちながら草刈りをしています。
里ばあ
2012/08/28 21:14
里ばあ さんへ
キイロスズメバチですか…。
何度も見ている蜂ですが、本当にあの蜂は怖いです。
それにしても、大事に至らず本当によかったですねぇ。
わたしは、毎年生け垣の剪定をする際、小さな蜂にはよく刺されますが、
今年も、あっと言う間に数カ所刺されてしまいました。
以前、山の下草刈りに行っていた知人が蜂に刺され、
ヘリで運ばれたのですが間に合わず、亡くなってしまったことがありました。
お互い、「たかが蜂…」などと思わず、注意したいですね。
wagtail
URL
2012/08/29 16:30
おはようございます。頭の形や体の縞模様から、私もそう思います。実物は、昔、登山の時、赤ちゃん蛇が石の上でとぐろを巻いてるのを見ました。こちらでは、クソへびという名前も持っていて、まさにその通りでした。
しかし、死んでいてよかったですが、なぜでしょうね。
行き当たりばったり
2012/08/31 07:27
 行き当たりばったりさんへ
やはり、このヘビはマムシですよね。
今まで、この荒れ地の草を刈る時には、平気で中に入っていたのですが、
亡骸のマムシだとはいえ、マムシががいそうな荒れ地であることが分かった以上、
ちょっとそれなりの心構えで、草むらに入らないといけないと思います。
尾の先端を損傷していましたので、それが死因ではないかと思います。
草刈り機の刃にでも当たったのでしょうか…。
それとも、車にでも…?
wagtail
URL
2012/08/31 15:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
草が生い茂る空き地に… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる