おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 繁茂する アレチウリ

<<   作成日時 : 2012/08/08 17:32   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 夏を迎えると森の木々も草原の草も一斉に生長を始め、身の回りが緑一色に染まっていく。 庭も畑も例外ではなく、雨の後などは草木も勢いを持ち直し、ちょっと油断すると雑草が繁茂して大変な目に逢うものだ。


 ここは、単なる荒れ地ではない。 数年前まで立派な畑地であったのだが、訳あってか耕作しなくなってから数年経った今は、夏になるとこの有様だ。 ビニルの破れたハウスの様子が物語る様に、わたしの知る限りでは、少なくともここ2年は休耕しているのか、全く手が入れられていない。
 ハウスがビニルならぬ緑の植物で全て覆い尽くされて、緑の“植物ハウス(?)”になるのも時間の問題だろう。
 

 最初の写真から20メートルほど離れた場所も、ご覧の様な状態で、地上にあるものは全てつる性の植物に覆い隠されている。 ここは、もう何年もこんな状態であるので、随分荒れ地かが進んでいる様だ。 この地上を全て覆い尽くしている植物の正体は、北米原産の帰化植物である “アレチウリ”だ。 写真の様な放棄畑や牧場、河原、湖岸などの肥沃な場所で急速に成長して繁茂している。 葉や茎は著しくざらつき、果実には鋭いとげがある。 密生して生育しているので退治するには非常に厄介な植物の一つだ。 冬になると枯死するのだが、茎は枯れて樹木から垂れ下がり、破れたガーゼが掛かっている状況となってとても見苦しい。
 これについては以前にも触れたことがあるが、千曲川などに行くとまるで幽霊でも出てきそうな雰囲気の景色で、本当に見るに堪えない。


 このアレチウリは、電柱によじ登っている怪物の様だが、この夏が終わる頃には、確実に電線にまでよじ登ってしまうだろう。 その先を想像すると、大変な状況が想像される。 わが家の近くにも荒れた土地があるが、このアレチウリだけは進入してきて欲しくないものだ。

今まで、下記の様に何度もこのアレチウリを取り上げてきています。 興味のある方は、お立ち寄りください。
アレチウリ」の花と実   猛威を振るうアレチウリ   アレチウリの猛威   嘆かわしい光景

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。ほんとに猛威をふるいます。生存力、繁殖力がすごいのでしょうね。こうしてはびこっていくのでしょう。その後はどうなるのか?自然のままの手つかずの様子、観察するには脅威すぎますね。
行き当たりばったり
2012/08/12 09:21
 行き当たりばったりさんへ
ボランティアの方々がこのアレチウリを退治するために
奮闘している姿を千曲川で見掛けたことがあります。
繁殖力が旺盛な上、茎にも実にも刺があり、本当に厄介な帰化植物です。
全ての植物を覆い尽くし、枯れた後はお化け屋敷を思わせる風景が広がります。
クズも荒れ地のイメージがありますが、このアレチウリにはかなわないかも…。
wagtail
URL
2012/08/12 14:11
wagtailさんすみません。
カマキリへのコメント私がニックネームの記入を
カマキリとしてしまったようです。

アレチウリの繁殖力はほんとうに凄いですね。
我が家も以前大きな樅の木が数本庭にあったときに、
このアレチウリが捲きついて大変でした。
小さなトゲのようなもので茎が覆われ
素手ではつかめない上に、
取り去る時にトゲが飛んで目には入ったりしたり、
ほんとうに迷惑な植物です。
まだ時々庭に姿を現しますので、
抜いて歩いています。
雅♪
2012/08/12 15:33
 雅♪さんへ
ニックネーム欄の「カマキリ」、どこか心の底でそんな予感がしていました。
いつも訪問の上、コメントを残していただき、ありがとうございます。
内容や、表現の仕方から、何となく顔も浮かんでくるものです。

アレチウリは、本当に厄介な植物だと思います。何年も放っておくと、
下になった大事な植物が枯れてしまう上、
おっしゃるとおり、刺だらけで、始末に負えません。
わが家の周囲にも放置された荒れ地がありますので、
敷地周辺数メートルは、草刈りをしたり除草剤をまいたりと、
クズやアレチウリが侵入しないように防御しています。
本当は、地主さんにやって欲しいことなんですが…。
wagtail
URL
2012/08/13 11:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
繁茂する アレチウリ おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる