おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 神秘的な苔の森

<<   作成日時 : 2012/09/03 23:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 紅葉の秋には湖岸の木々が真っ赤に染まり湖面を写す八千穂高原の 「白駒池」 を訪れた。 北八ヶ岳の広大な原生林の中にある神秘的な湖で、標高2000m以上の高地にある天然湖としては日本一の大きさなのだそうだ。

白 駒 の 池

 白駒の池入口に一歩足を踏み入れると、一面に広がる緑の苔に目を奪われる。 この原生林は「苔の森」と呼ばれ、まるで緑の絨毯を敷きつめたように苔が一面を覆っている。


 ここには、485種類の苔が生息するそうで、「苔の森」 といわれている。 苔に包まれた原生林は、まさに神秘的な癒しの世界だ。 もちろんこの森は登山道以外は、立ち入り禁止になっているが、わたしには緑の絨毯にしか見えなかった苔にも色々な種類があり、森の奥にはきっとさらに珍しい苔もあるのではないだろうか。 


 晩夏のこの時期だから、もちろん白駒の池が主目的ではなく、この神秘的な北八ヶ岳 「苔の森」 が目的の八千穂高原だったのだ。 人が溢れている紅葉期とは違い、静かな時間の流れと新鮮な空気感を堪能できた一時だった。
 また写真を整理して、 「四季彩記」 の方にもこの 「神秘の苔の森」 をスライドショーにしてアップしておきたい。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。まったく奥が見えないほどです。かなり広大なスペ−スがこのようになっているのでしょうね。暑苦しさより、涼しさを感じます。もっとも苔がはえるので、湿気もあるのでしょうけれど。
行き当たりばったり
2012/09/05 08:03
過日は メールありがとうございました。
雷と不気味なカーテン雲に遮られて、折角のコースを走れませんでした。

又、近いうちにトライしようと思っています。
wagtaiさんのブログを思い描きながらガスの牧場を王ケ鼻まで歩きました。
天候が悪くて美ヶ原登山は中止しました。

ここ白駒池の紅葉は美しいですね。
緑濃い白駒池もいいですね。

9/3にいかれたのですか?

ベニマシコ
2012/09/06 08:54
 行き当たりばったりさんへ
昔はこの森に入ることができたらしいですが、
今は立ち入り禁止にし保護しているので森の中に足を踏み入れることができません。
こうした苔の森は、いつまでも潤いある姿で残っていて欲しいものです。
行った時にも霧が巻いたりしており、湿度はかなり高く保たれているようでした。
wagtail
URL
2012/09/07 11:17
 ベニマシコさんへ
天候に恵まれず、残念でしたね。
この辺りも霧ヶ峰同様、ちょっと天候が下り坂ですと、
一面霧が巻いて視界が効かなくなります。
また、晴れ渡った青空の下で、歩けるような機会が巡ってくるといいですね。

紅葉時期の白駒池は、観光客でごった返し、車道は大渋滞となり、
駐車場に車を乗り入れるのには随分待たされます。
一度大渋滞に遭い、後数百メートルと行ったところまで行きながら諦めて帰ったことがありました。
それ以来紅葉時期には、余程のことがない限り、ここには近寄らないことにしています。
シーズンオフにこうして訪れるのが、最近のわたし流白駒池の楽しみ方になりました。
wagtail
URL
2012/09/07 11:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神秘的な苔の森 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる