おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋茄子は、嫁に食わすな

<<   作成日時 : 2012/09/17 17:08   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 申し訳程度に実っているこの茄子は、我が家の庭の一角に設えたミニミニ農園の秋茄子だ。 秋までならせるつもりでなかったので、追肥も剪定も十分でなかったので、何ともみすぼらしい茄子になってしい、今も申し訳なさそうにぶら下がっている。


 出来の悪いわが家の茄子は、ちょっと棚上げしておくとして、茄子と言えば一般的に夏野菜のイメージだが、寒暖差や日照量などの関係から旨みがギュッと凝縮される 「秋茄子」 はとてもおいしいものとして好まれている。 夏が旬である茄子が、わざわざ 「秋茄子」 と呼ばれて別格に扱われるのはこういうわけからだろう。
 また、身体を冷やす効果の高い夏野菜の中でも、茄子は90%以上が水分でできているので、特に解熱効果が高く、暑い日にはお勧めの野菜だともいわれている。

 ところで、「秋茄子は嫁に食わすな」 という江戸時代にできた有名な言葉があるが、これを秋茄子のおいしさに着目した“嫁いびり”の言葉 「こんなに美味しいものは嫁に食べさせるべきではない」 という受け取り方にするか、 「身体を冷やす効果のある茄子は嫁には食べさせないほうがいい」 という真逆とも言える “嫁孝行” の言葉と受け止めるか、どちらの言葉として受け止めるか悩ましいところだ。 それにしても、これほど解釈が両極端な言葉もまた珍しくもあり、おもしろくもある。


 さらにこの 「秋茄子は嫁に食わすな」 のことわざを 「ウィクショナリー日本語版」 で調べてみると、
 1..秋茄子は、美味であるので他家からの憎い嫁に食わせてはもったいないという姑の嫁いびりの有様。
 2..秋茄子は、種子がないので子宝に恵まれなくなる。
 3..秋茄子は、美味であるため過食してしまいがちであるが、毒性のアルカロイドを含有し、健康を害する恐れもあるので、
   大切な嫁に食べさせてはならない。
 4..東洋医学の見方では茄子は体を冷やす食べ物に分類され、特に女性にとって体の冷えは健康によくないため、子供を
   生んでほしい嫁に茄子を食べさせすぎてはいけない、という戒め。
とあった。

 おまけにもうひとつ、「一富士二鷹三茄子」 とは、初夢で見る縁起のよい順番とされていて、茄子は、「成功を成す」 にかけているそうだが、単に駿河名物を並べたに過ぎないという説もあるらしい。 ちなみにトマトが日本に入ってきた当初の名称は、「赤茄子」 だったそうだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
家庭菜園楽しまれたことでしょう。
ナスまだまだこれから採れそうですね。
諺は面白いですね。
母がよく言ってたことわざ・・・
「親の意見と茄子の花は千に一つも仇はない」
ほんとうに茄子の花は必ず実になりますね♪
雅♪
2012/09/17 23:34
今晩は。とにかく今の時期、ナスはとてもおいしいです。調理方法が無限ですね。
もちろん、私が料理するわけではないですが、この季節の代表選手です。
ナス科のお花もいっぱいありますね。
大好きです。
行き当たりばったり
2012/09/19 21:27
 雅♪さんへ
また一つナスに関わる諺を知りました。
昔の人は、よく言ったものですね。

今まで自宅のミニ農園で、ナスやキュウリの夏野菜栽培を楽しんできましたが、
お借りしている農園の方には、大根、白菜、ほうれん草、野沢菜を蒔きました。
まだ日中の気温が高いため、毎朝の水くれに追われています。
発芽が始まったばかりですが、もう今から収穫を楽しみにしています。
wagtail
URL
2012/09/19 23:22
 行き当たりばったりさんへ
わたしもナスは大好きです。
とりわけ、ナスの味噌炒めは大好物です。
わたしは、やはり食べる専門ですけれどね。
まだまだもうしばらくの間、秋茄子も楽しめ、嬉しい限りです。
wagtail
URL
2012/09/19 23:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋茄子は、嫁に食わすな おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる