おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の戸隠高原を訪れる

<<   作成日時 : 2012/09/21 16:05   >>

トラックバック 0 / コメント 7

 今週の始めに毎月1〜2度探鳥に行っている戸隠高原に行ってみた。 もちろんまだ紅葉は始まっておらず、シーズンオフのせいもあり、奥社参道を歩く観光の人々の姿はまばらだった。

(奥社参道中程の) 随 神 門

奥社参道の杉並木

 やはり人気は、この 「随神門」 と吉永小百合さんのコマーシャルで名をあげた 「杉並木」 で、いつ来てみても、この場所では携帯やカメラを向け、風景を撮影したり記念写真を撮ったりする人の姿が目に付く。 この参道のすぐ脇には、戸隠森林植物園が広がっている (もちろん、入場無料)。 ところが、この奥社参道のすぐ脇にありながら戸隠森林植物園の人気はというと…、ご覧の通り閑散としている。 こういう状況は、この日に限ったことではなく、水芭蕉が咲いている時期 (この時期は、探鳥に適した時期でもある) を除いては、いつ来ても同じ状況なのだ。

戸隠森林植物園

 森林植物園内は、こうして遊歩道が整備され木道が設置されており、ほとんどの遊歩道は車いすで入れるほど見事に整備されている。 ここが、わたしが毎月訪れては、バードウォッチングを楽しんでいるフィールドなのだ。

 この遊歩道をゆっくりと歩いてみると、林の下草として生えている植物たちが様々な花を咲かせており、各種の蝶が花から花へ舞い、秋の訪れを告げていた。
 
ツリフネソウ

 

 そして、ちょっと注意深く森の木々を見回してみると、、「野鳥の宝庫」といわれ野鳥カメラマン達が県内外から訪れる場所だけあり、様々な小鳥達が姿を見せ、みどりが池などには可愛い水鳥たちが泳いでいる姿も見られた。

ア カ ゲ ラ

カイツブリの子ども

 こんな豊かな自然が身近に存在するエリアがすぐそこにあるというのに、奥社のお参りだけで、森林植物園に立ち寄らずに帰ってしまうのは本当にもったいない。 もちろん戸隠を訪れた目的がそれぞれ違うので、参道を歩いている方達にとっては当たり前のことかも知れないが、参道を歩くたくさんの人々の姿を見るたびに思うのだ。 「奥社を参拝したら、帰りはちょっと林にコースをとり、森林植物園内を通って帰ってみたら…」 と。
 しかし、心のどこかに、森林内に人が少ないために野鳥が逃げはしないかと余計な心配をせずにゆっくりと野鳥撮影ができ、豊かな自然の中でゆったりとした時間の流れを満喫することができるといった前述の思いとは相反した複雑な思いがあることも否定できないのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
戸隠もいいところですよね。
ここも10年以上も前に訪れたきりです。
神社の近くに こんな整備されたいい公園があるとは知りませんでした。
勿論、その時は 日帰りでしたので 神社とお蕎麦を戴いて
バードラインを下って善光寺に参拝して 浜松に22時ごろになった記憶があります。
やはり、宿泊してゆっくり回らないと見られませんね。

今思うと日帰りしたのすら 吃驚です。

いいところなので どっと押し寄せられても困りますね。
ベニマシコ
2012/09/23 10:37
ベニマシコさんへ
野鳥の写真を撮影する方々にとっては、まさに「野鳥の宝庫」。
大勢の大砲並みのレンズを担いだ方々が訪れる森です。
奥社参道は、また違った参拝の方々で、連日賑わいます。
吉永小百合さんのコマーシャルで、随分人気が上がりました。
浜松から戸隠日帰り行程は、本当にハードスケジュールだったでしょう。
wagtail
URL
2012/09/23 17:27
こんばんは。
戸隠森林植物園ですか・・・
行ってみたいですね、こんな所で野鳥の囀りを
ゆっくり聞いていたいです。
長野にいるときは殆どどこも行ったことが無く
こちらに嫁いでからやっと最近長野の観光地に
行くことができるようになりましたが、残念ながら
ゆっくりと散策できないことが淋しいです。
先日も山の会で志賀高原に行く計画がありましたが
今年は色々あって今年は殆ど参加できません。
志賀高原、行きたかったです。
ネネ
2012/09/23 22:44
ネネさんへ
こうした植物園には珍しく、バリアフリーを意識して遊歩道が設置されています。
ですから時々、車いすでお見えの方の姿も見掛けることさえあります。
ここ数年、戸隠は「パワースポット」とやらで、随分人気が上がり、観光客も増えたと聞きます。
志賀高原も素敵なところですよね。
わたしも長野県にいながら、まだまだたくさん自然豊かな知らないところがあります。
体の動くうちに、あちらこちら楽しんでおきたいと思います。
wagtail
URL
2012/09/24 16:55
今晩は。いいところですね。やはり自分で目的を持って歩かないといいところ、見たいところが得られませんね。自然がたっぷり、写真家の皆さんが集まるというのはやはり自然が自然であるからでしょうね。訪ねてみたいです。
行き当たりばったり
2012/09/26 22:35
 行き当たりばったりさんへ
「熊の出没注意」の立て札が、あちらこちらに立っているような所です。
人と野生動物が、時間差を付けて動き分けているような、
まさに豊かな自然一杯の森林植物園です。
だからこそ、県内外から野鳥写真を撮るために、
大勢の人がやってくるのではないかと思います。
人それぞれに自分の思いの範疇で、そこの自然や文化を楽しんでいるんでしょうね。
wagtail
URL
2012/09/27 11:47
はじめまして。
長野県長野市にあります、
いいとき観光推進協議会の木亦(きまた)と申します。

このたび、当協議会が運営しておりますサイトに、
の記事をリンクさせていただきたくご連絡を差し上げました。

当協議会は、長野市と観光協会などで構成されており、
長野市の飯綱高原、戸隠、鬼無里の観光振興を目的とする団体です。

その活動の1つとして、「いいときナビ」(http://www.iitoki.jp/)というサイトを開設しています。
(「いいとき」とは、飯綱、戸隠、鬼無里の頭文字をつなげた言葉です)

差し支えなければ、この「いいときナビ」内の「巡礼記」というコーナーで上記の記事をぜひ紹介させていただきたいのですいかがでしょうか。
●いいとき巡礼記
 http://www.iitoki.jp/bloglink/

承諾いただける場合は、お手数ですが、10月31日までに
下記メールアドレスまでご回答いただければ幸いです。

info@iitoki.jp

どうぞよろしくお願いいたします。


●いいときナビ
 www.iitoki.jp/

●いいとき巡礼記
 http://www.iitoki.jp/bloglink/
いいとき観光推進協議会
URL
2012/10/22 15:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋の戸隠高原を訪れる おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる