おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS ツルニンジン の種名から…

<<   作成日時 : 2012/10/10 23:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 もうずいぶん日が経ってしまったが、9月下旬に戸隠に行った際、明るい林の入り口で見慣れない大きな花を見掛けた。 花は3pほどの広鐘形で、先が浅く5裂し、反り返っている。 つる性の植物で、樹の幹に張り付くように伸びていた。 


 初めて見る花だったので、家に帰ってからさっそく図鑑で調べてみたが、どうやら 「ツルニンジン」 というらしい。 ツルニンジンという名の 「ツル」 は、つる性植物なので分かるとして、人参にはとても似ているとは思えないのに何故 「ニンジン」 と付いたのだろうか。 さらに調べてみると、根が朝鮮人参に似ていることによるということがわかった。 日本でツルニンジンを食べる習慣はないけれど、韓国では高級食材として現代でも食されていると記されていた。
 下の写真、名前を調べる際に必要だろうと思い、葉っぱも含めて撮ってきたものだが、葉は互生しており、側枝の先では、長さ5pほどの葉が4枚集まってついている。 葉の裏を見ると、粉白を帯びていた。


 このツルニンジンには、「ジイソブ」 という別名がある。 図鑑をさらに読み下していくと、「バアソブ」 という種名の植物もあった。 「ジイソブ」 の 「ジイ」 はで、「バアソブ(婆ソブ)」 のバア (婆)に対して付けられたものだ。 「ソブ」 というのは、長野県木曽地方の方言で、そばかすのことを指す。  バアソバの種名は、花冠の内側の斑点を老婆の顔のそばかすに例えたものだそうだ。
 こうして、植物の種名一つ調べてみただけでも、なかなかおもしろいことが判明し、興味が尽きないものだ。 次にこのツルニンジンに出会った時には、きっとこれらの内容と共にすぐに種名が頭に浮かんでくるに違いない。
  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
植物の名前はほんとうに面白いですね。
この花、霧ヶ峰で見かけて、何の花かしら?と
図鑑で調べて、始めて名前も知りました。
ジイソブ、バアソブの名、ユニークで楽しいですね。
植物への興味は尽きませんが、
右から左へと抜けてしまうことが多くなりました。
めげずに繰り返して繰り返して見ることが、
脳トレとなっているような・・・(^O^)
雅♪
2012/10/17 23:44
 雅♪さんへ
わたしは、植物も野鳥も、普段から触れていないとどんどん忘れていきます。
周囲の鳥や植物名がわたしの頭から随分離れていき、今では図鑑無しではいられません。

下向きに咲く大きく、そして独特な色のツルニンジンの花…。
とても目立った存在でしたので、さっそく図鑑で調べました。
皆さんのサイトや図書で新事実に触れ、わたしも脳トレをしています。
wagtail
URL
2012/10/18 10:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ツルニンジン の種名から… おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる