おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 落ち葉の道を歩く

<<   作成日時 : 2012/11/30 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 今朝はようやく霜の朝から解放された。 ここ数日毎朝冷え込みが厳しく、窓を開けるたびに霜がおり、白一色担った光景が広がっていた。


 日課の朝の散歩で林道を行くと、目の前でハラハラと色あせた葉が枝を離れ続け、随分と林内が冬枯れ状態となってきた。 それでも林の樹木の種類によってはコナラ・ミズナラなど茶色くなった葉がしっかりと枝についている林も目につく。 見渡す限り茶色一色の世界だ。
 足下にも絨毯を敷き詰めたような枯れ葉が重なって落ちている。 歩くたびに乾燥しきってカサカサになった枯れ葉が砕ける音がする。  


 これらの葉が、静かに枝を離れたとき、やがて本格的な冬の訪れがやってくる。 冬の序章はすでに始まっているのだ。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
華やかな紅葉も素敵ですが、しっくりとした色合いの
このような風景も良いですね。
こちらは雪が降りました。
雪の季節は運転に注意ですね。
wagtailさんもお気をつけてください。
雅♪
2012/12/03 00:10
 雅♪さんへ
広葉樹の枝を離れる最後の輝きといえるでしょうか…。
浅間山も雪をいただき、きっとすてきな雄姿を見せていることでしょうね。
こちらでも初雪がありました。
例年はクリスマス近くに履き替えていたタイヤですが、
車を運転する機会が少なくなった今の身ですので、
昨日スタッドレスに履き替えました。
wagtail
URL
2012/12/03 22:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
落ち葉の道を歩く おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる