おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬支度の 戸隠森林植物園

<<   作成日時 : 2012/11/21 23:34   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 毎月定例になっている戸隠森林植物園へ探鳥に出かけた。 バードラインを運転していくと前方に戸隠連山があまりにもきれいに見えたので、予定にはなかったが、鏡池にも行ってみようかという衝動に駆られた。


 そこで、宝光社から左に入り、鏡池に立ち寄ってみた。 戸隠連山はきれいに見えたが、鏡池に到着したのは11時になろうかという時刻だったので、水面は風の影響で細かく波打っていたため、湖面へのシャープな映り込みは期待できなかった。
 それでも一人の写真愛好家が、寒風の中水面が静まるのを待っているのか、雲の状態変化を待っているのか、いい条件が整うのを我慢強く待っている様子だった。

鏡 池

 そんな辛抱強い写真愛好家に対し、わたしはというと、手持ちで急いで無造作に数カット撮影し、そそくさと引き上げた。 その後、奥社の方に抜けようとしたが、道路には昨夜来の積雪があった。 ノーマルタイヤだったので無理をせず危険回避し、慎重にもと来た道を引き返し、再び宝光社へ出た。

戸隠森林植物園

 戸隠森林植物園内は予想以上の積雪で、木道のロープは外され、すべての案内板はブルーシートで覆われ、トイレなどの施設は冬期間の閉鎖処置がされる等、すっかり冬を迎える準備が施されていた。
 さすがにこんな時期にここを訪れる人などあまりいないと見えて、数日前のものと思われる人の足跡はあったが、昨夜降った雪面にに残っている足跡は動物のものだけだった。 それでも閑散とした風景が広がる森林植物園内を一周してみることにした。 木道を一人歩いて行くと、雪を踏みしめるザクッザクッという自分の足音だけで、小鳥の声さえも聞こえてこない。 まさに静寂の世界だ。
 「せっかくの探鳥に来たのに鳥の姿がなく気の毒に。」 とでも思ったのか、ミソサザイが何度も姿を見せてくれた。 しかし、結局は森林公園内で観察された野鳥は、このミソサザイとシジュウカラ、コガラの3種だけだった。 この積雪では野鳥が生活するには厳しい環境だ。 きっと多くの野鳥たちはすでに里へと下ったのだろう。 観察できた野鳥は本当に少なかったけれど、これも貴重なわたしの観察記録だ。 (来年の戸隠探鳥は、11月初旬あたりで打ち切るのがいいだろう。)

コ ガ ラ

 帰り際に、奥社参道の方にも立ち寄ってみたが、奥社に向かって参道を歩く人影が散見できた。 これから雪の日が続き積雪のために参拝が困難になるのも近いのではないだろうか。 戸隠高原は、やがて来る厳しい冬に向けて何もかもが着々と準備を進めているように見えた。 戸隠高原での次回の探鳥は、冬が開けた春5月頃になるだろう。 一抹の寂しさを覚えながら戸隠を後にした。

奥社参道入り口



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この辺は 積雪の多いところのようですね。
4月に新潟の山歩きへでバスからの風景もこの辺が一番積雪が深かった。
新潟の方が少ないのに吃驚したほどです。

もう、こんなにも積雪があるんですね。
漣が立っていますが、素敵な風景ですね。
ベニマシコ
2012/11/23 04:49
 ベニマシコさんへ
冬の間は訪れたことがありませんが、
雪の中を参拝に訪れる方もあるようです。
それでも、冬に備えた準備状況から察するに、
1m以上にはなるんでしょうか?
ここはパワースポットとして最近人気沸騰で、
大勢の観光客で賑わっている場所です。
wagtail
URL
2012/11/23 16:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬支度の 戸隠森林植物園 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる