おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 湿った雪降りの朝

<<   作成日時 : 2013/02/06 19:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 いつものように布団を上げ窓を開けると、やはり一面の白銀の世界が広がっていた。 積雪量は、たかだか数pではあるが、まだ牡丹雪のような雪が、次から次へと舞い落ちている。

雪 降 る 朝

 空も鉛色のような曇天で、この分だと一日降り続きそうだ。 予報では数十pの降雪予報だったが、この分だとたいした降りにはならないだろう。 朝飯前の一仕事で雪かきをしたが、あっという間に終わってしまった。 気温も高いのか、降り続いている雪は湿気が多く、重い雪だった。
 木の枝に付いた雪を接写で撮影してみたが、湿気が多い雪であることを物語るように、きれいな雪の結晶はなかなか見付からなかった。 きっと今日の湿った重い雪は、前回のなかなか溶けなかった雪とは違い、早い内に溶け去るだろう。 春はもう間もなくだ。

雪 の 結 晶

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今日は寒い一日でした。
雪こそ降りませんが、身も縮こまりそうに冷たい一日でした。
北陸の方は吹雪いているそうです。
そちらは、いかがでしょうか?
ベニマシコ
2013/02/08 18:15
 ベニマシコさんへ
当地でも曇天が広がり、時々小雪が舞うような寒い一日になりました。
しかし、長い目で見ると、幾日も残っていた雪がほとんど消え去り、
花壇で水仙の芽が地上に頭をもたげ、氷の下で金魚たちがゆっくりと動き出していました。
当地は日本でも屈指の降水量の少ない町、
春が間もなくやってくるのではないかという希望がわいてきました。
浜松はもう花の季節でしょうね。
wagtail
URL
2013/02/08 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
湿った雪降りの朝 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる