おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪解けを待っていた福寿草

<<   作成日時 : 2013/03/04 17:09   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 松本市の北部の四賀地区の福寿草が、雪を割って黄色の可憐な花をのぞかせ始め、待ちわびた春の訪れを告げているという記事が、数日前の新聞に掲載されていた。 毎年楽しんでいる我が家の福寿草は、どうなんだろう…。


 長い間残っていた雪も、きょうになってようやく姿を消しつつある。 福寿草が植えられている庭の一番日当たりのいい南側の場所は、数日前から雪はなく黒土が見られる。 つい先日買い込んだ “ミラーレスカメラQ10” を片手に、庭に出てみると、いたいた、かわいい福寿草の芽が霜柱が解けて盛り上がった土の中から2pほど頭を出していた。
 このブログ(サイト)内検索で調べてみると、この時期にはもう花が咲いていた。 四賀の群生地でも開花が例年より一週間ほど遅れたようだが、やはり我が家の福寿草も開花はまだ先のようだ。 今年の冬の厳しい寒さと雪の多さが影響しているのだろう。


 雪の下で、じっと寒さに耐え、こうして冬が立ち去ろうとしている今、元気に芽を伸ばしてくる福寿草のたくましさを感じる。 待ちわびた春だけに、やがて春が訪れるだろううれしさとあいまって毎年見る福寿草ではあるが、何度見ても感動するものだ。 暖かな日が続きさえすれば、一気に開花の時を迎えるだろう。 心の底から春が実感できるのは、明るい日射しに輝く黄金の花びらを見る時だ。
 春遅い我が家の庭で春が実感できるのも、もうすぐだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家の庭は、まだガチガチに凍てついています。
春はまだまだ先のように思いますが、
それでも日差しは春の柔らかさを感じ始めています。
我が家はなぜかフクジュソウが育たないのです。
お庭で眩しいくらいの輝きを見せるフクジュソウが
芽吹き始めているのは楽しみなことですね。
雅♪
2013/03/04 19:41
こんな季節 待ちわびる そんな時が 幸せな時間かも知れません。

フクジュソウがお庭でみられるなんて最高ですね。
木の芽があちこちで見られるようになりましたね。

春の訪れを待ち焦がれる季節っていいですね。
今年は 雪が多そうですが そちらは雪は 余り積もらなかったみたいですね。

フクジュソウの開花楽しみにしています。
ベニマシコ
2013/03/05 11:49
 雅♪さんへ
雅♪さんのところは、まだ凍てついた庭なんですか。
冷え込みが異なるとはいえ、日射しが暖かくなり始めたら一気でしょうね、きっと…。
春遅い所ほど、一気に春が駆け足でやってくるといいますから。
我が家の庭は、朝は霜柱ができ、日が当たるまでは土も凍っていますが、
雪が消えると共に、日射しがあると濡れた黒土になります。
そんな厳しい条件下ですが、福寿草もたくましく生育し、株を増やしています。
そういえば、数年前までは黄色の絨毯のように斜面一面に福寿草が咲いていた武福寿草群生地は、
花の数がまばらになってしまい、今年も「福寿草祭り」は開催されないようです。
早く垂れ市の福寿草群生地が復活してほしいのですが、
福寿草が生育できないのは、気候のせいでしょうか、それとも土質のせいでしょうか。
wagtail
URL
2013/03/05 15:24
 ベニマシコさんへ
何年か前に鉢植えで購入した後、庭に植え込んだ福寿草ですが、
次第に勢力を伸ばし、年ごとに株を広げています。
信州の冬は長いので、春を告げる花々が咲いた時の嬉しさは、他県の方より大きいのではないかと思います。
雪の少ない地域ではありますが、今年は積雪量・回数共に例年より多く、
未だ解けきらない所もあります。
しかし、雪解けと共にこうして福寿草の芽を見付けることができ、遅い春の訪れを実感しています。
我が家の庭ではここは、南面の一等地ですから、明るい日射しを受けて黄金の花開くのも数日の内ではないかと、心待ちにしています。
wagtail
URL
2013/03/05 15:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪解けを待っていた福寿草 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる