おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 筆 の 花

<<   作成日時 : 2013/04/01 13:05   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 早春の道ばたに、数日前からツクシが見られるようになった。 スギナの胞子茎が、通称 「つくしんぼ」 と言われているこの植物。 本名は、 「土筆(つくし)」 という。


 土筆は、春になると土から頭をもたげ、筆の先のようなトレードマークの胞子ができる。 わたしは余り食べたことはないが、昔から食用として親しまれてきた。 この土筆が枯れると、農家泣かせのなかなか退治が大変なスギナが出る。
 また、土筆は、「筆頭茎」、「土出筆」 とも書かれ、「筆の花」 と言う別称もある。
 春になると、心のどこかで、「土筆はもう出ているかな…。」 と無意識に探してしまうのだ。 足下の小さな春である土筆をこうして見付けると、子どものように心がウキウキしてしまう。

「くれなゐの 梅ちるなべに 故郷に つくしつみにし 春し思ほゆ」   正岡子規



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。土筆が出ましたか!4月に入り、暦の上でも春ですね。土筆のおひたしを食べたことがありましたが、珍味でしたね。
何か、おいしいというような食べ方、ないでしょうか(笑)生き物も活発になってきますね。
行き当たりばったり
2013/04/01 21:00
土筆を見ると本当に嬉しくなるのですが、
スギナは迷惑です。
家を建てた頃は、この地はスギナがいっぱい1!
長年住んでコツコツと抜いていたら、
最近スギナ、あまり見かけなくなりました。
でも油断は出来ません。見つけたら抜くを心がけています。
雅♪
2013/04/02 20:42
 行き当たりばったりさんへ
土筆のおひたしを頂いたのは、もう味を忘れるほど昔になってしまいました。
きっとちょっと苦味のある、春の味なんでしょうね…。
動植物が動き出し、春本番を実感できる陽気になり、喜んでいます。
wagtail
URL
2013/04/03 15:07
 雅♪ さんへ
土の中から土筆の頭が出てきた時は、
春の訪れが実感できて嬉しいのですが、
スギナは農作物や花たちにとっては、本当に厄介者です。
除草剤には強いし、地下茎を伸ばしてどんどんはびこるし…。
わたしも庭やお借りしている畑に入れないように、目の敵です。
wagtail
URL
2013/04/03 15:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
筆 の 花 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる