おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS 木の芽起こし

<<   作成日時 : 2013/04/03 14:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 きょうは朝から昼頃まで、雨が降り続いた。 春麗らが一転、肌寒い風が吹き、関東では記録的な雨になった。 週末はまた雨になり 「春の嵐」 大荒れとなりそうだという。

ハ ナ モ モ

 雨といえば、日本人は季節によって雨の名を色々に使い分けてきた。 春先に降る、木の芽時の雨を 「木の芽起こし」 という。  木の芽が萌え出る雨のことで、地方によっては、「木の芽はるさめ」 と呼ぶそうだ。

ハ ナ ミ ズ キ

 「春の雨」 と 「春雨」 も微妙に異なる。 冷たい風とたたきつける雨が 「春の雨」。 そして、「春雨」 は、しとしとと静かに降る傘なし雨だ。 

ハ ナ カ イ ド ウ

 昨夜から降り続いていた雨の昼頃には上がり、空が明るくなり、今は薄日が差し始めている。 雨模様のため、掲載した写真は全て庭木の芽の様子だが、散歩道の雑木林も確実に木の芽が動き出して膨らみを増し、樹種によっては柔らかい緑の芽が覗き始めている。 低山の林の木々も、春を感じて一斉に芽吹きを始めている。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうに一日雨が降っただけでも、
草木が見違えるように元気になりますね。
雨には特別の栄養素があるようです(笑
10日ごろからは畑仕事が始まるようです。
wagtailさんもお忙しくなられますね♪
雅♪
2013/04/05 20:45
 雅♪ さんへ
一雨ごとに、木の芽が萌芽して、緑味を増しています。
春が大手を振ってやって来ているのが、実感できる日々です。
雅♪さんも「雨」についてブログに掲載していましたね。
雨にも様々な呼び名があることを知りました。
風情を重んじる国民性でしょうか。
ようやく畑仕事ができる季節を迎えました。
今年も畑をお借りできましたので、先日石灰と元肥をすきこみ準備を整えました。
またお百姓さんのまねごとができることを喜んでいます。
wagtail
URL
2013/04/06 13:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
木の芽起こし おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる