おりふしの記

アクセスカウンタ

zoom RSS つつじ平のレンゲツツジ大群落

<<   作成日時 : 2013/07/01 14:08   >>

トラックバック 1 / コメント 4

 東御市と嬬恋村にまたがる湯の丸高原は、亜高山帯の気候に恵まれた植生から別名 「花高原」 とも呼ばれている。 中でもつつじ平は、国の天然記念物の60万株ものレンゲツツジ群生地としてよく知られている。 


 先週の木曜日、梅雨の晴れ間をぬって見頃を迎えたレンゲツツジ群生地を訪れた。 湯の丸高原の地蔵峠に車を置き、道脇に鎮座する観音像に見送られて歩き始めた。 駐車場からほどない場所につつじ平に向かうリフト(片道500円、往復800円)も動いているが、いつものようにゲレンデ斜面をゆっくり時間をかけて登ることにした。 急な斜面のゲレンデを15分ほど登りリフト降り場に到着すると道はなだらかになり、やがてレンゲツツジの大群生地・つつじ平に到着した。


 ここは駐車場も無料であるし、群生地内にも自由には入れるので大変ありがたい。 見渡す限り、鮮やかな赤いレンゲツツジの株が点在する花模様が広がっており、何人かの人々がレンゲツツジの群生の中で三々五々散策を楽しんでいた。
 この日は今にも泣き出しそうなあいにくの曇り空で、背後にたたずんでいるはずの湯ノ丸山は霧の中に姿を隠していた。 この赤いレンゲツツジの背後に湯ノ丸山と青空が広がっていたら、一層見事な光景が楽しめただろうに…。 時々霧が降りてきたが、上に登るにつれ白樺林に入り、白樺とレンゲツツジのコンビネーションもなかなかの眺めだった。


 ここつつじ平からは、南側に延びる烏帽子岳登山道を経由して地蔵峠へ戻るコースや、湯ノ丸山南峰山頂まで足を伸ばすコース、さらに体力と時間があれば烏帽子岳にトライするルートもある。
 この日は白樺林にさしかかると前日までの雨の影響か多少道がぬかるんでいた上、いつ降り出すかわからない空模様なので、余り上まで登ることなく比較的緩傾斜のつつじ平を散策しただけで、再び往路を戻るルートで下山した。
 久しぶりに、爽やかな高原気分を味わい、心の洗濯ができた。


HP「四季彩記」に レンゲツツジ大群落  〜湯の丸高原・つつじ平〜 をアップしました。
レンゲツツジ群落の様子がスライドショーでご覧いただけます。 よろしければお立ち寄りください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラブドキ | 消費者詐欺被害センター
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! ...続きを見る
ラブドキ | 消費者詐欺被害センター
2013/08/03 01:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今晩は。このようなお天気の中の散策も悪くはないですね。
ツツジの群生、迫力があるでしょう。ウィ−クデイというのも、人が出ていない理由なのでしょうが、ゆっくり見られてよかったです。
行き当たりばったり
2013/07/01 22:21
 行き当たりばったりさんへ
急坂を登るには、晴れ渡った天候より、体が楽ですし、
花の撮影にはある面では曇天の方がいい雰囲気に撮れる場合も多いですね。
久しぶりに高原の爽快な気分を味わうことができました。
wagtail
URL
2013/07/02 11:21
見事な風景ですね。
今年は花の色が格別に綺麗なように思われます。
レンゲツツジもとても美しいです。
HPのほうも拝見いたしました。
もう何年前でしょうか・・・そのときの
感動が蘇りました。
ありがとうございました。
雅♪
2013/07/03 23:53
 雅♪さんへ
HPのスライドショーもご覧いただき、ありがとうございました。
以前数回訪問した程度で、そんなに頻繁に行っている訳ではありませんが、
時期がよかったのか、今までで一番見応えがありました。
国の天然記念物だけあって、一面鮮やかに咲き誇る様は、
見事の一言に尽きます。
wagtail
URL
2013/07/04 16:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
つつじ平のレンゲツツジ大群落 おりふしの記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる